2010年10月30日

RELIEF DC6V電池式ミニドライバー

最近eneloopを利用して元が取れるかチャレンジ中で、そのために乾電池駆動の物品を物色中(本末転倒の極み)なのですが、ふと見つけた「単三電池4本で5.6Nのパワー」なる「RELIEF DC6V電池式ミニドライバー 30936」を購入してみました。

2010103000.jpg

早速、使ってみようと電池蓋を開けると

( ゜д゜) ポカーン

(つд⊂)ゴシゴシ 

(;゜д゜) 

(つд⊂)ゴシゴシ 
  _, ._
(;゜ Д゜) …?!

2010103003.jpg

めっちゃ錆びてるー(ノ `Д´)ノ===┻━┻

もちろんブリスターパック開けたての新品ですよ。

続きを読む...

Posted by Takuchan at 23:50 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月17日

TrueImageとDataram RAMDiskは競合します

システムも落ち着いてきたんでWindows7 Pro標準のバックアップでバックアップを取ろうとしたらネットワークドライブかドライブレターを与えたドライブのルート直下にしかバックアップできないという無駄な制限に気がついてバックアップ断念。
(ただでさえドライブレター足りなくて、カードリーダーとか全部NTFSの別ドライブにマウントしてるのに、これ以上増やしてられない)

で、何か良い手段無いかなぁと思って探していたら、↓の存在を思い出しました。

幸い、データドライブとしてWDの2TBを使っていたので、これ幸いとインストールを行ったところ、インストール途中に青画面でOS毎死亡orz

エラーは「snapman.sys」が「STOP: 0x00000050(PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA)」と言う内容、で起動も出来なくなってしまったんで、とりあえずシステム復旧(WinXPから思ってたけど、これ便利ね)で15分ぐらい掛けて復旧しました。

で、軽くググってみたところ、

なる記事を発見。

そう言えば、Firefox高速化のために

をインストールしていたので、ひとまずこいつによるRAM Diskを停止して、再度インストールしてみたところ、今度はあっさり成功

で、RAM Diskを有効化してTrueImageを起動すると、さっきのエラーが再発→原因確定┐(´ー`)┌

で、よくよく調べてみると

と言うことで今のところ未修正らしいです。

なので、Dataram RAMDiskを使う場合にはTrueImageの利用は諦める必要がありそうです。

にしても、バックアップどうしよう・・・

Posted by Takuchan at 03:07 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月12日

VMwareにUSB機器を認識させる

Windows7 64bit環境に踏み出す最大の要因が、VMware経由で32bitドライバーしかないUSB機器が利用できることだったんですが、いざやってみるとVmware側から認識できる機器と出来ない機器が(;´д`)ノ

認識出来ない機器は、そもそもVMwareの「取り外し可能デバイス」の一覧にも登場しない状況。

一方、認識出来る機器はホスト上で正常なドライバを設定している物でも、不明なデバイスでも関係なく認識。

なんじゃこりゃ?と言うことで、再接続してみたり、いったん無効にしてみたり、「usb.autoConnect.device0」にvidやpidを指定してみたりと色々やってみたんですが、どれもダメ。

で、今度はVMwareのUSB認識を司る「VMware USB Arbitration Service」について調べてみたところ、気になる情報が

  • アップデートソフトをアンインストールして、コントロールパネルのデバイスマネージャよりUSBルートハブのプロパティでドライバの復元を行い解決。
「USB Root Hub・・・だと」

ピンと来て、デバイスマネージャで接続順にして見てみたところ、VMwareから認識出来ない機器が特定のデバイスに固まっていることに気がつきました。

それが↓

で、認識させたい機器を上記カードのポートからマザボのICH10R側に差し替えたところ見事に認識するようになりました(;´д`)ノ

続きを読む...

Posted by Takuchan at 01:28 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月11日

共有テプラプリンタのテープ幅が取得できない(2)

こちらの続き

無事リモートからテープ幅が取得出来るようになったんですが、その後色々と設定を弄っているうちに、また、接続出来なくなりました。

しかも、前編の時にはテープ幅を取得しようとすると一瞬でエラーになったんですが、今回は永遠待たされた挙げ句タイムアウトになっている感じです。

最初はその直前にUSB機器を一気に5台ぐらいつなげたんで、それが原因かと思ったんですが、色々試して違うことが確認。

もちろん、前編の手順も全部試してダメ。

で、タイムアウトっぽい動きと言うことで、念のため、ホスト側のファイヤーウォールを切ってみると、普通に取得可能(;´д`)ノ

で、詳細設定を見たところ「TepOuService Port」なる定義が有り「TCP:29101」が指定されていましたが、こいつがいつの間にか無効になっていたので、有効化→これでファイアーウォールが有効な状態でも問題なくテープ幅が取得出来るようになりました( ̄▽ ̄)ノ

続きを読む...

Posted by Takuchan at 20:14 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月10日

共有テプラプリンタのテープ幅が取得できない(1)

共有設定していたテプラプリンタのプリンタサーバを入れ替えたら、急にテープ幅が取得出来なくなった場合の対象方法

涼しくなってきたこともあって、メインPCをWindows7 64bitに入れ替えて、つなげていたテプラ SR3900Pのソフトウェアを64bit対応の最新版(3.61)に入れ替えました。

ドライバの認識などはインストーラの手順通りで問題なく認識できたんですが、共有プリンタ設定をして、これまで問題なくテープ幅を取得出来ていた、別のPCからテープ幅が認識出来なくなりました。

まぁ、そっちのソフトウェアは3.53だったので、バージョン上げれば改善するかなぁと試してみたところ、3.61を入れても同じ状況。

全く認識してないのかと、テープ幅を手動設定して、印刷したところリモートPCからの印刷自体は問題なく成功。

もちろん、実際に接続しているPCからはテープ幅を取得出来ますし、試しに、別PCの方にテプラプリンタを直結してみたところ、問題なくテープ幅が取得出来る始末。

と言うか、実はこの症状、2台目で、とあるところで同じ症状で悩まされて、そちらは時間切れで「テープ幅は手動で取得してください」と負け宣言をしています。

今回は自宅で3連休と時間もあったので、闘ってみることにしました。

続きを読む...

Posted by Takuchan at 23:49 | コメント (0) | トラックバック(0)