2004年05月31日

旧五千円札(2)

こっちの続き

折角手元にあるのだからと、ATMで本当に使えないのか試してみました。

実験に際してATMからの旧札1枚だけを札の受け取り口に入れ預金預け入れを行ってみました。

郵貯のATM(最近設置されたもの)30秒ほどうぉんうぉん動いたあげく返却
某地方銀行の知っている限り一番古そうなタイプ5秒ほどであきらめて返却
とやっぱりダメなようです。

お金専門の機械であるATMでも処理出来ないということはおそらく機械系は全滅でしょう。

次に身近な人に見せてみましたが、比較的状態の良いお札だっただけに新しく発行されたお札かと思う人がいるぐらい知名度は落ちていました(笑)
その一例を

  • あー、懐かしい・・・感じがする
  • これって今度出る新札ですか?(新札の五千円は聖徳太子じゃなくて樋口一葉です)
  • 裏ってそんなにシンプルでしたっけ?
  • 聖徳太子って一万円札じゃ無かったっけ?(1万円も聖徳太子でした。一万円は太子が右寄りで5000円は真ん中)
それもそのはず、旧札が消えてからそろそろ20年も立つし、そもそも遭遇率自体多くない5000円札ともなれば記憶に残ってないのも不思議でなりません。

じゃ、小売店はどうかと思ったんですが、ネットで調べてみたらコンビニで使おうとして偽札と勘違いされて通報されたような話や銀行での交換を進めるような事しか書いてなかったので怖くなって断念(苦笑)

なんて言うかババ抜きでババ惹いた気分になってきました(笑)

で、しょうがないので、銀行に寄って交換してもらう事に。
行った銀行はいつも目の前通るけど口座持ってないので寄ること無かった某大手のちょっと寂れた支店。

手順は、いつもの両替と同じように用紙に記入して窓口へ。
で、旧紙幣を交換して欲しい旨を告げて見せたら少々驚かれつつもちゃんと受け取ってもらえました。
直ぐにバックに回して鑑定に入った模様で、偽札だったらどうしようとちょっと不安に襲われながら待つこと5分。
さっきとは別の40は過ぎてると思われる行員さんから新渡戸さんの5000円札を受け取りました( ̄▽ ̄)ノ

教訓:価値はあるけどそのままじゃ使えないお金なので、旧紙幣は出されても受け取らない方が良いですよ(;´д`)ノ
(話のネタとしては最高ですが(笑))

Posted by Takuchan at 22:26 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月30日

焼きマザーボード

この前BIOSとばしたEPIA 5000の替わりのマザーを入手したので、早速組み立てようと思ってジャンクパーツ置き場あさっていたらCPUファンだけ見つからない・・・

さらにごそごそしてたらDELLマシンから外したCPUファンが出てきましたが、コイツ、マザー側のコネクタが2pinという特殊なケーブルでそのままでは刺さりません。
でもジャンクパーツの動作テストだけやって足りないパーツ見つけたかったので、しょうがないから、とりあえず被服剥いて、回らなかったら回るまで付け替えればいいやと適当にピンに仮止め。

で、電源投入。

やっぱり回らない。
とりあえず、画面出るかなぁとそっちを見てたらなにやらイヤな臭いが・・・

煙は見えないけど、これはやばいと思って電源コネクタを引っこ抜く。

で、あわててマザー外していろいろ見てみたら、どうもどっかでショートしたようで、裏側のプリント基板の一部が焼けて導線が断線してました_| ̄|○

こういうのは無精したらダメですね・・・

振り出しに戻る。

Posted by Takuchan at 13:15 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月29日

Verifying DMI Pool Data

ふるーいマザーでディスクの動作チェックを掛けようと思ったら「Verifying DMI Pool Data」なるエラーで起動してくれない。

調べてみると

  • verifying DMI pool data......... と出たっきり、止まってしまう場合は、フロッピーの逆差しや、ケーブルの逆つなぎの際に、よく起こる現象です。ケーブルの間がクロスした側が、フロッピードライブなので、確認してみます。
とのことだったので、一度全部チェックして指し直しましたが相変わらず同じ状況。

おかしいなぁと思ってマザーボードの説明書見ていると

あれ、IDE0と1逆に指してるやん・・・_| ̄|○

これで無事起動するようになりました。
にしても、BIOSで指定したところに起動用ハードディスクが刺さってないと起動してくれないのはあれですね(^^;

Posted by Takuchan at 14:06 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月28日

ApacheとかCVSとか

  • mod_ssl 2.8.17 以前に欠陥。 SSLOptions FakeBasicAuth を指定していた場合に、クライアント証明書の Subject-DN が 6KB を越えていると buffer overflow する欠陥がある。
ありゃりゃ

昨日やっとこ入れ替えたばっかりなのに、また入れ替えですか。
まぁ、ssl使ってないんで、別に更新しなくても良いですが、気持ち悪いので、さっくり入れ替えました。

そういえば、apacheの1.3.31は結構コードが変わっているようで、1.3.29までは当たっていたpatchがいくつも当たらなかったり、それまであったファイルが無くなっていたりとRPMを作成するのに少々苦労しました。
(余談ですが1.3.26のまんまだったマシンも今回1.3.31に上げたんですが、そっちはあちこち書き換えないと行けなくてものすごく苦労しました(笑))

あと

  • CVS 1.12.7 / 1.11.15 以前に欠陥。 CVS エントリ行中の modified および unchanged フラグの処理に欠陥があり、 heap overflow が発生。これを利用すると、remote から CVS サーバ動作権限で任意のコードを実行できる。攻撃を実行するには CVS サーバへのアクセス id / password が必要となるが、よく見かける、anonymous で read-only 公開している場合でも実行可能である。
なんて言うどでかい穴が見つかったので、こちらは待たずに速攻で入れ替えました。
まぁ、RPM作成も新しいソース落としてバージョン番号を書き換えただけで作成出来たので、大きな変更は無く簡単なバグ修正の模様です。

Posted by Takuchan at 18:09 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月27日

旧五千円札(1)

魔が差しました(笑)

駅の売店で5000円のプリペイドカードを買うときに1万円支払ったんですが、その時、おつりとして見慣れないお札を一枚渡されました。

「これでいいですか?」
不審そうな顔をしていると
「偽札じゃ無いですよ」

っていうか、

こんなもの渡されたら誰だって不審な顔します(笑)

ここで断ることもできたんですが、よく見てみたい欲求にとらわれて思わず受け取っちゃいました(笑)

最初は一通り見たらATMにでも食わせてやればいいかなぁと思ってたんですが、

_| ̄|○

さて、どうしよう。
間違いの無い方法としては銀行で交換して貰えばいいですが、わざわざそのためだけに銀行に行くのも面倒だしなぁ。

一応

と言うふうに、法律で保証はされているんですが、店員にいやな顔されるのは間違いないですし、機械関係はほぼ間違いなくアウトでしょうし・・・

まぁ、珍しいお札なんでもうちょっと方策考えてみようと思います。

Posted by Takuchan at 12:50 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月26日

Fedora Core 2出てました

忙しさにかまけていたら何時のまにやらリリースされていたようです。

で、どんな感じかなぁとネットでちょっと情報集めて見たら

となかなか豪快に環境壊す可能性があるようです。

時間があれば試して見たいんですが、いろいろと抱えているモノがあるんでまだチャレンジはいいやといった感じ。

ちなみにダウンロードは↓から出来ます。

↓公式サイト

Posted by Takuchan at 16:30 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月25日

AH-K3001Vの感想

Opera搭載のインターネット見放題PHSですが、1週間ちょっとで一通り使ってみて思った感想をつらつらと書いてみます。

<良い点>

  • ◎ 繋ぎ放題+Opera搭載で電池が持つ限り気楽にネットサーフィンが出来る
  • ◎ JavaScriptが動作するため、Bookmarklet等を利用したブラウザの機能拡張が自力で可能
  • ◎ 繋ぎ放題+年間契約+AB割ですごく安くなる料金
  • ◎ CookeiやSSL128対応で、各種予約やネットショッピングなどもその気になれば可能
  • ◎ ブラウジング中でも結構高確率で着信出来る
  • ◎ QVGAの画面は非常にきれい
  • ◎ 着メロなどがグループ単位や個人単位で細かく設定出来る
  • ◎ USB給電が可能なので、充電出来る機会が多い
  • ◎ はじめからUSB接続用ケーブル付属やPC上でのブックマークなどのバックアップツール付属
  • ◎ 操作や表示のカスタマイズ性が高い
  • ◎ 対応画像形式の多さ
  • ◎ メール受信を背面液晶の明滅で知らせる機能<個人的に重要
  • ◎ ネットでいろいろな人が無償で対応JavaScriptやサービスを公開しているので、拡張性に期待が持てる
  • ◎ 端末単体でのファームアップによるバグ修正が可能なため、バグの修正が比較的頻繁に行われる?
  • ◎ 端末にあるデータはほぼ全てUSB経由でPCにバックアップが可能
  • ◎ MIDIを利用することで無料で多数手に入る着信音
  • ◎ 端末内にあるファイル(カメラで作成した画像など)をブラウザ経由でインターネットにアップロード可能
  • ◎ プロバイダや許可していれば職場のメールなども直接端末に取り込める
  • ◎ 職場のメールアドレスでのメールの送信が可能
  • ◎ 署名をメールにつけられる
  • ○ 自分でページを立ち上げておけば、ブラウザ経由で自分専用壁紙着メルサイトを作成可能<メモリを圧迫しないですむ
  • ○ 豊富なアラーム機能
  • ○ PObox等には劣るが普通に使える予測変換
  • ○ 相変わらずMIDIが再生可能で良い
  • ○ JavaScriptのゲームもそれなりに遊べる
  • ○ ほぼおまけとはいえカメラ付いているし、取って即メールで送信が出来るのでモブログに最適
  • ○ 照明色とか思ったよりもこまめに設定出来る背面液晶
<悪い点>
  • × [致命的]メール関連を中心に最悪端末が壊れるような重大なバグが複数未解決(2004/05/25現在)
  • × 位置情報を一度取ると、そのあとに閲覧するページにまでだだ漏れになるバグも未解決(2004/05/25現在)
  • × もっさりした操作感
  • × メモリ少なすぎ
  • × キーの先行入力が結構効かない(画面遷移に合わせないといけないのでストレス溜まる)
  • × PHSと思えないぐらい電池の消耗が激しく、良くブラウジングする場合は毎日充電必須
  • × 電池マークが1本からあとが驚くほど持たないので参考にならない<実質2本になったら充電が必要
  • × メールのメモリ上での最大占有容量が決められない
  • × 相変わらずわかりにくすぎる料金コース
  • × MIDIをイヤフォンで聞けない?<イヤフォン刺してもスピーカーから再生される
  • × カスタム機能などメモリに置くデータが多くなればなるほどもっさり感アップ
  • △ Base64認証のパスワードを記憶出来ない
  • △ フレーム分割されているページの操作が結構大変
  • △ メールにしてもWEBでも通信速度が遅め
  • △ 画面が小さすぎてフルモードが使いにくい(フルモードは表示されないときの確認以外役立たずかも)
  • △ マナーモード中にマナーモードの設定変えたり、着信音量などの変更が出来ない
  • △ ページ送りキーが結構押しにくい
  • △ 携帯を閉じていると、蓋の横に力が掛かったときにヒンジの部分がギシギシとぐらつく
  • △ 番号を使った短縮キー機能があるのに、番号付けの手段が貧弱で使い勝手が悪い
  • △ 付属のUSBケーブルのフェライトコアでかすぎて重い
  • △ 現在接続しているアンテナの位置が通知されるため、大抵数百メートルずれた位置を表示する位置情報コンテンツ
  • △ UserAgentで識別しているi-modeに直接接続出来ない
【総評】
それなりに技術があれば最高のツールになるけど、買ってきたままでは結構微妙。
何でも出来ると思ったら大間違いなので、自分の使用環境でのメリット・デメリットが明確に理解出来ない場合はおすすめ出来ない感じ。
ただ、すでにDDIの-H"系の機種使ってるなら機種変更して間違いない出来だと思う。

Posted by Takuchan at 12:45 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月24日

ヒメバチ侵入

今座っている席はこの部屋で一番明るいので羽虫が部屋に入ってくるとまっしぐらに向かってきます。

この建物自体、自然に囲まれているので、窓など開けていなくても人の出入りの合間にどんどん虫が忍び込むんですが、中でもやっかいなのは蜂。

カミキリムシとか蛾とかはまだ比較的除去が楽なんですが、蜂は刺されるおそれがあるので、おいそれとは行きません。
おまけにどうも蜂って単純な行動理論に支配されているようで、常に明るい方にしか行かず、一度私の席のところにやってきたら最後、死ぬまで窓の周りを飛び回っています。

窓も開かないことも無いんですが、猛烈に開けにくいので開けるのはスズメバチなど命に関わるようなのが入ってきたときに限定してます。

で、先日入ってきたのはヒメバチ

の下の方にある、真っ黒いタイプのやつです。

最初は両面テープで取り持ちを作ってそれにくっつけて追い出そうと思ったんですが、両面テープにくっつかないばかりか、刺激したらなんかおもちゃで使うようなモーターが焼けるような刺激臭が辺りに充満したので、こりゃまずいと必殺技のエアダスタースプレーを逆さまにした凍結ガス攻撃で仕留めました。
(このとき、スプレーを強く押さずに弱めに押すと、半分液体のまま吹き付けられるので威力倍増です)

にしても、あの匂いは一体なんだったんだろう・・・
調べた感じじゃ、そんな匂い出すような生き物では無いと思うんですが。

もしかしたらよく似た別の虫だったのかもしれませんが、冷凍ガスで氷漬けにしてからディッシュにくるんで退場頂いたので今ではそれも叶わず。

にしても、毎年数匹は確実に入ってくるんですが、今年は何匹入ってくる事やら・・・

Posted by Takuchan at 16:28 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月23日

ロックの解除

PHSに初めて契約した頃、申し込み時に暗証番号を登録するルールなんて無かったことを忘れていて、以前に上記のページでどの暗証にしたかなぁといろいろ試していたらロックされてしまいました。
で、別に急ぎじゃなかったので1年ぐらいページの存在を忘れていたんですが、AH-K3001Vに変えるときにコースも変更して、これから料金照会をする機会が増えそうなのでPHSから116(DDI)に電話してロックを解除しました。

手続きは以下の通り
-H"から116に電話→音声ガイダンスに従い「03」を打ってオペレーターを呼び出す→WEBページのロック解除の旨伝えると次の質問を受ける

  • 利用中のPHS番号
  • 契約者氏名
  • 契約者本人確認(「本人ですか?」と聴かれるだけ)
  • 住所
  • 自宅電話番号
  • ロック解除するサービス(確認)
  • ロックのかかった理由
で「30分後ぐらいに解除されるのでそのあとに試してね」とのことでした。

なお、ロックの理由で「忘れてていろいろ」試したと伝えたところ「暗証は登録されてますか?」とちゃんと聴いてきたのは好感。
で、「MyRoom」登録の時に登録しましたと伝えたところ「では現在の暗証の確認はどうしますか?」と聴かれたので、一応確認するようお願いすると「こちらはいえませんが、お客様の言った番号があっているかどうかはお教え出来ます」とのことだったので暗証を伝えてあっていることを確認してもらって終了。

全体的に良くできた対応だと思いますが、しゃべっている側では個人情報だだ漏れ(しかも暗証まで(^^;)なので、同じ事をする人はなるべく人のいないところでやってください<じゃないと簡単にリプレイ攻撃されますし

Posted by Takuchan at 00:54 | コメント (0) | トラックバック(1)

2004年05月22日

演奏ボタン

AH-K3001V用にPukiWikiに自分専用着メロサイト作ろうと思ったんですが、midをページに添付してそのファイルへのリンクをクリックすると、保存するかどうか聴いてくるだけでそのままでは演奏出来ません。
なのでJavaScriptを利用した演奏ボタンを作成してみました。

以下の赤字の項目を追加してください

PukiWiki 1.4.3  plugin/ref.inc.php 150行目辺り

                'noicon' => FALSE, // アイコンを表示しない
                'nolink' => FALSE, // 元ファイルへのリンクを張らない
                'noimg'  => FALSE, // 画像を展開しない
                'zoom'   => FALSE, // 縦横比を保持する
                'bgm'    => FALSE, // 演奏ボタンの表示
                '_size'  => FALSE, //(サイズ指定あり)
                '_w'     => 0,      //(幅)
                '_h'     => 0,      //(高さ)

同ファイル 345行目辺り

    else    // 通常ファイル
    {
        $icon = $params['noicon'] ? '' : FILE_ICON;
                if ($params['bgm'] and $url)
                {
                        $bgm = " <a href=\"javascript:(function(){document.write('<bgsound src=\'$url\'>$title');document.close();})();\">[演奏]</a>";
                        if(ereg("MSIE",$_SERVER["HTTP_USER_AGENT"])){
                                $bgm = preg_replace("/%/",'%25',$bgm);
                        }
                }
            $params['_body'] = "<a href=\"$url\" title=\"$info\">$icon$title</a>$bgm";
この変更を加えた後、refプラグインを使う際に
&ref(ファイル名.mid,bgm);
とすることでファイルへのリンクの右に[演奏]というリンクを表示させることが出来ます。

あとはそのリンクをクリックすればAH-K3001VのOperaからでもいちいち保存せずに視聴することが出来るようになります( ̄▽ ̄)ノ

続きを読む...

Posted by Takuchan at 02:11 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月21日

MovableType3β

(ノ∀`)アチャー
ついに出ちゃったか。
正直、乗り換えるのものすごく面倒です(笑)

っていうか

  • 本契約は、以下に定める早期終了の要件を満たさない限り、シックス・アパートが製品版のMovable Typeソフトウェアを出荷した日に終了します。何れの当事者も、何時にても本契約を終了することができます。もしあなたが本契約の利用許諾に従わなかった場合、本契約は書面による通知なしで、自動的に終了します。終了と同時に、あなたに与えられていた利用許諾は全て終了し、あなたは直ちに本ベータ・ソフトウェアの一切の利用を中止し、本ベータ・ソフトウェアをアンインストールし、あなたが入手並びに作成したすべての複製を破棄するものとします。
ライセンスも面倒な限りだし、ベータ版の間は手を出さない方向で決定。

ちなみに、インストール方法・アップグレード方法などについてはMT界の神様のmilanoさんのサイトにまとまっています。

予想通りアップグレードはすごく面倒そうだなぁ<今までやったハックも大抵通用しないだろうし・・・

Posted by Takuchan at 00:08 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月20日

XPの突然死(3)

半年ほど前からがんばってる件で未だにちょくちょく落ちます。

前々からRADEONのビデオボードが怪しかったので、先日別のマシンの9600XTと交換してみたら直らないばかりか今度はPFN_LIST_CORRUPTなるエラーでブルースクリーンになる・・・_| ̄|○

なんだろうこれと思って調べてみたら

やっぱりRADEONが原因っぽいなぁ。

まぁ、いきなりリブート始めるSTOPエラーについては書いてないので、もしかすると別の原因かもしれませんが、ほとほと困っているわけでは無いのでゆっくり究明していこうと思います。

Posted by Takuchan at 14:56 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月19日

配列の比較の時に

Perlで配列Aに含まれて居て配列Bに無いものを抽出しようとして
foreach (@arrA){
 unless(grep(/^$_$/,@arrB)){
  push(@newarr,$_)
 }
}
というのを書いたんですが、これがうまく動かない。

どうも調べて見ると配列Bが一件も無い場合は良いのですが、配列Bに1件でも要素があると配列Aの要素が全て配列Bにあると判断される模様。

まぁ、世の中には

とか便利なモジュールがあるのでそれに頼っても良いんですが、上記で動くはずなのに動かないのはどうにも癪なので、調べてみたところ
  • 注意: $_ は配列値への参照となっているので、配列要素を変更するのに用いることができる。これは便利である一方、 LIST が名前のついた配列でない場合には、ちょっと変な結果を返すことがある。
これか_| ̄|○

確かに同時に書き換えられたら便利な時もあるけど、かなりハマる仕様だなぁ(苦笑)

というわけで

foreach my $var (@arrA){
 unless(grep(/^$var$/,@arrB)){
  push(@newarr,$var)
 }
}
としたらちゃんと動作するようになりました( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 14:52 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月18日

7Wiki

たった7行でこれだけのものが動いちゃうんですねぇ。っていうスレがあることは知ってましたが、Wikiまで動くことには正直感動しました。

時間があるときにスレ全部読んでみようっと。

Posted by Takuchan at 12:47 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月17日

ネットの自由

私自身はリベラリストですし、インターネットのもっとも大事なところは自由主義であることだと思っているので、どうも納得がいかない逮捕に対すると抵抗としてリンクしておきます。

  • Winny事件、開発者逮捕は不当 京都と大阪の10人が弁護団
  • Winny開発者、47氏に対する不当逮捕に強く抗議する!!

    「『著作権法への挑発的態度』が逮捕理由」の報道が真実であるとすれば、これは思想信条の自由の侵害であり、「思想犯」として不当逮捕したものと断ぜざるを得ない!!

    「著作権法」の目的は「文化の発展に寄与すること」であり(著作権法第1条)、ソフトウエア開発者に対する不当逮捕は著作権法の趣旨にも反する愚行である!!

    Winny開発者の即時釈放を!! これはもはや著作権の問題ではなく人権問題である!!

あと、弁護団が出していた準抗告はまるで当然のごとく棄却されたようです。裁判所自体はどうにも今回の勾留は適法という判断のようです。
  • もっとも、勾留の裁判に対しては、犯罪の嫌疑がないことを理由として準抗告をすることはできない
とあるので、準抗告では勾留自体の正当性や捜査自体の適法性が争点になりますが、どちらもOKということになると18日の勾留理由開示が興味深くなります。
  • 2)勾留の理由
    刑事訴訟法60条1項各号所定の事由を、勾留の理由という。
    a)住居不定
    (中略)
    b)罪証隠滅のおそれ
    (中略)
    c)逃亡のおそれ
    被疑者が現に逃亡したときだけでなく、逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるときにも、勾留の理由があるとされる(同項3号)。この後者の場合を、講学上、逃亡のおそれという。
(a)は無いとして、(b)もあらかた押収していてこれ以上どうしようも無いと思うんですが。
まさか(c)ですかね。
相当な理由というのに興味があります。

続きを読む...

Posted by Takuchan at 11:28 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月16日

RZ-J700→AH-K3001V

AH-K3001V購入(≧▽≦)ノ

予約している時間的余裕無かったんで初期ロットはあきらめていたんですが、近場の電気店に行ったら普通に売ってたんで早速機種変更してきました。

で、その際に電話帳などの転送もお願いしておいたんですが、どうも機械の不調とかでできなかったようなので手元ですることに。

使用するソフトウェアはH"問屋で下記のURLからダウンロードできます。

で、WindowsXPマシンにインストールして、手持ちのUH6400でコレまで使ってきたRZ-J700をパソコンに接続。

って、XP入れてからつないで無かったんでドライバ無いと文句言われる(;´д`)ノ

なので早速ここからダウンロードして早速ドライバのインストール。
6回ぐらいいろいろとドライバーをインストールしてやっとこ使用できるようになりました。

で、早速H"問屋でデータを移そうとしたところ「データ通信の初期化に失敗しました」とのエラーメッセージが・・・
どうもシリアルポート番号が違うようなので、「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→(パフォーマンスとメンテナンス)→「システム」→「ハードウェア」のタブ→「デバイスマネージャー」→メニューの「表示」→「デバイス(種別順)」になっていることを確認→ツリーの「モデム」→「USB SOFT H"32K」→タブの「モデム」→「ポート番号」に書いてあるCOMポート番号を確認

と言うわけでH"問屋の設定で表示されていたCOMポート番号の設定に変更して、再度トライ

「データ転送モードに移行できませんでした。(D00029)」
_| ̄|○

何がいけないのかわからず他のUSBデバイスを全部外したりと色々してみましたが、その最中でRZ-J700の設定のデータ通信モードを切ってみたらちゃんと動くようになりました(笑)
どうも、データ通信モードをONにしているとちゃんと電話帳吸えないようです(苦笑)

と言うわけで、無事に吸いだし完了。

で、次はAH-K3001Vをパソコンにつけるためのセットアップ。

まず、付属のCDを入れておいてそれからAH-K3001Vを付属のUSBで接続。
後は説明の通りにドライバをインストールすれば完了。

で、H"問屋から電話帳を書き戻せば作業完了。

無事、AH-K3001Vに電話帳を写すことができました( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 10:04 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月15日

同じサイズなら液晶が大きい

同じサイズ(インチ)ならCRTモニタより液晶の方が大きいのは比較的知られてますが、その理由を知らなかったので調べてみたところ

  • 当然のことだが、液晶ディスプレイを選ぶ際には、その性能・機能を十分に見極める必要がある。ここでは、そのポイントについて見ておくことにしよう。
     液晶ディスプレイ製品を見る場合、第一のポイントは画面の大きさだ。ここで言う「大きさ」には、画面そのものの実際の大きさと、解像度という2つの側面がある。
     画面そのものの大きさは、テレビやCRTディスプレイの場合と同様に、四角い画面の対角線の長さで表示する。この時、通例でインチ単位で表記することもあるが、「○○型」あるいは「○○"」というような略号表記をすることも多い。ちなみに17型は約43cm、19型なら約48cmとなる。
     ただ、CRTディスプレイと液晶ディスプレイでは、この数字は単純比較できない。CRTは管面の大きさの中に、画像を表示できない縁の部分を含んでいる。液晶では、画面の大きさが、表示できるエリアそのものの大きさになる。したがって、同じ「17型」表示でも、実際の表示面積はCRTより液晶のほうが大きい。したがって17型液晶なら18〜19型CRTと、また19型液晶なら20〜21型CRTと同じくらいの表示面積になるのだ。
( ・∀・)つ〃∩ へぇ〜へぇ〜へぇ〜

要するにブラウン管は枠に隠れている部分まで併せたインチなのに対して、液晶は表示される実効サイズでのインチだから液晶の方が一回り大きいんですね。
(というか、ブラウン管のものをインチ表示しているのが詐称と言うべきか(^^;)

ついでなんでちょっと調べたそれぞれのサイズのリストを載せておきますので参考にしてください。

インチCTR(ブラウン管)液晶
15272mm×204mm304.1mm×228.1mm
17300mm×225mm337.9mm×270.3mm
19362mm×271mm404.2mm×330.0mm

※上記はざっと調べて作ったものであくまで一例です。上記サイズでない製品も多数ありますし上記が規格サイズではありませんのでご注意ください。

Posted by Takuchan at 00:14 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月14日

BIOS飛ばし(2)

こっち続き

いろいろ調べていたら、同じ事で困っている人がいました。

正常なマザーで起動してBIOSのROM交換して焼けと・・・_| ̄|○

2台も持ってたら正常な方使うってばとか思いながらさらに調べてたら、

結構常套手段だったんですね(^^;

なお、真っ当に書き換えるならROMライタが居るようですが、安くても1万以上するので頻繁に使用する予感がある人以外はおすすめ出来ない感じです。

あと、電子工作のスキルがあるなら

で行けそうですが、近場で抵抗とか売ってる店すら知らないのでパス。

確実性を求めるなら下記のようなお店に頼むと3000円程度で何とかしてくれるようです。

なんにしても面倒そうなので、EPIAの復旧は当分あきらめて別のマザーとかを手に入れようと思います

続きを読む...

Posted by Takuchan at 13:19 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月13日

情報窃盗罪

なんか猛烈に範囲の広そうな法律ですね。

記事に寄れば基本的には個人情報の保護が目的が目的のようですが、それなら個人情報窃盗罪とすべきです。

どうも情報窃盗罪などと銘打っているところを見ると、デジタル万引き盗聴・盗撮辺りまで視野に入れた法律になりそうですが、一つの法律で何でもやろうとすると無駄に範囲が広くなります。

そうすると立ち読みで逮捕や、ホームページやネット上の画像を保存しただけで逮捕なとバカげた理由での逮捕されるようになり、日本は今以上に住みにくくなることでしょう。

デジタル万引きや、盗撮・盗聴などは別に法律で取り締まっても良いですが、個別に法律を作ってきちんと対応しないで漠然とした法律ばかり作ると、そのうち警察のさじ加減でどんな人間でも難癖つけて逮捕出来てしまう世の中になってしまいます。
(今でもそんな感じではありますが・・・)

Posted by Takuchan at 12:43 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月12日

警察の横暴

  • 関連HP運営者宅を捜索 ウィニー、ページは閉鎖
     ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」の使い方などをホームページ(HP)で紹介し、ソフトの違法コピーを手助けしたとして、京都府警が著作権法違反のほう助容疑でHPを開設、運営する男性の自宅を家宅捜索していたことが11日分かった。
どう考えてもやりすぎ。

Winnyの作成者の逮捕は、逮捕自体は違法とは言い切れず、作者に故意があるか無いかが最大の問題なので裁判を待たないと判らない問題ですが、今回は存在自体は違法ではないソフトウェアの使用方法を解説しただけの善意のサイトに対する家宅捜索で明らかに無関係。

というか、InternetArchiveに残っている一昔前の内容を見てもどこが著作権侵害幇助なのか全く判りません。

そもそも、幇助罪という罪は日本では非常に広義で使われており、今回のように警察が気に入らない人間をしょっ引くために使われることも少なくないのでは無いでしょうか?↑のように目の敵にしているのは間違いありませんし。

実際問題

のような著作物以外の情報も蓄積されはじめ、情報のたががはずれている現状を懸念しての逮捕なんでしょうが、インターネットがある限り情報がさらに自由に動き回るのは当たり前の事象であり、それを国家権力で止めるというのは、天動説を否定するぐらい愚かな行為。

別に金子氏をガリレオと同一視するような事は考えていませんが、情報に関するパラダイムシフトが起こり始めている事は確かであり、現状の逮捕もガリレオ裁判 における「地動説は異端」というぐらいばかげた出来事として歴史に残るかもしれません。

続きを読む...

Posted by Takuchan at 11:26 | コメント (1) | トラックバック(0)

2004年05月11日

BIOS飛ばし

魔が差しました

テスト機として使ってるEPIA-5000ですが、Wake On Lanが使えないので火を入れ忘れてると出先から使えず悶々としていたのですが、ふとBIOSのダウンロードページを見ていると

Update Description Fixed boot on LAN problem in version 201
とか気を持たせるような事が書いてある。

これは早速BIOS上げないとと思い、DOSの起動ディスクと、BIOSとUploaderが入ったディスクを用意、それから幸い持ってたUSB-FDDを繋いでレッツUpdate。

で、BIOS書き込み中に進捗表示が出て、メモリアドレス毎に更新完了・更新無し・書き込み失敗のフラグがつけられるのですが、そのうち一つに書き込み失敗の表示が・・・

そこで、あわてて再書き込みを試したり元に戻したりすれば良かったんですが、何を思ったのか思わず[Ctlr]+[Alt]+[Delete]をタイプ

見事に「BIOS Checksum Error」で起動しなくなりました(苦笑)

で、エラーを見てるとDrive Aに「INSERT SYSTEM DISK」しろということが書いてあったので、USB-FDDにDOSのシステムディスクを指して見ても無反応。

なんじゃこりゃと思い、いったん電源を切って、メインマシンで検索。

なるほど、そういうディスクを用意すれば良いのか。

で早速用意してみてもやっぱり、無反応。
それどころか、よく見たらUSB-FDD自体読んでも居ない_| ̄|○

念のためマザー上のDisk on Chipジャンパを有効にしてみたり、CMOSクリアしてみたりしましたが、やっぱり無反応

もしかして普通のFDDじゃないとダメですか・・・<FDD用のコネクタ無いのに(*´д⊂)

というわけで、現在その状態で放置してあります。

絶対必要というマシンじゃないので急いで対応はしませんが、無いといろいろ不便なんで今月中には何とかしたいなぁ

Posted by Takuchan at 11:07 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月10日

雑記(2004/05/10)

米軍もだんだん本性がマスコミに露呈してきましたね。
イラクの街の惨状を知ればこれぐらい容易に想像が付いたので驚きもしてないですが、日本人はこんな事をしている国の後押しをしていることをもっと自覚しなければなりません。 今日ネットで一番話題のニュース。
上記の記事がバランス感覚も良く、もっともまとまっていると思います。
ただ、この例で幇助になるなら、スタンガンとか盗聴器とか世の中もっと捕まえないと行けないものはたくさんあると思います。
所詮警察は強いものの味方なので何言っても無駄でしょうが。
  • 土井前社民党首も年金保険料未納
猫も杓子も未納祭りですか。
自民党では官房長官の首切ってそれでOKという構えのようですが、こんなのが国を動かしているから日本はダメになるわけで。
Posted by Takuchan at 17:46 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月09日

IrfanViewでEXIF表示

そう言えばIrfanViewでもEXIFのプラグインが入って居るぐらいだから表示できたはずだよなぁと思ってメニューを探してみたら、見つからない・・・

あれっ、と思ってぐぐって見たら「画像」→「画像の情報」→「EXIF情報」(もしくは「i」キーを押す)で表示できる事が判明。

っていうか、画像の情報って表示に掛かった時間とか展開後の画像サイズまで表示されたんですね。
結構便利かもしれないんで、今度はちゃんと覚えておこうと思います。

Posted by Takuchan at 01:32 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月08日

sshのPermission denied

sshでとあるホストにつなごうと思ったら次のようなエラーで繋がらない

Permission denied (publickey).
publickey接続だったのでpublickeyファイル(~/.ssh/id_rsa)のパーミッションがおかしいのかと思ったらちゃんと600になってるし、おかしいなぁと思ってぐぐって見たところ「~/.ssh/config」に「Protocol 1,2」って書けばよいと言うような事が書いてあったのでだめもとで試してみたら
Permission denied.
と言うエラーになっただけでダメ。

しょうがないので、そのホストの元に行ってrooでログインしてsyslogを見てみたら

May 7 XX:XX:XX ***** sshd[2074]: User ****** not allowed because not listed in AllowUsers
なるエラーが。

あっ、AllowUsersで制限掛けていたの忘れてた・・・_| ̄|○

早速「/etc/sshd_config」のAllowUsersで許可したら無事ログインできるようになりました( ̄▽ ̄)ノ

にしてもPermission denied (publickey).とか言われても、まさかそんなところがエラーとは気づかないですよ・・・

Posted by Takuchan at 14:59 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月07日

三菱マテ

最近その名前を聞くとつぶれそうな自動車メーカーという印象しかない三菱ですが、今度は三菱マテリアルがやらかしたようです。

URLさえ掘り当ててしまえばやり放題ですか。

普通はこの手のデータはネットから決して見えないところに置く(良識があればサーバも別にしてしまう)ものですが、ネットから見えるところにあるし、ApacheのディレクトリのIndex機能は有効になってるわでめためたですね。

まぁ、ぶっちゃけるとこの手のサーバは良くありますが、例の組織が波風建てたあとだけに、発見者や見た人へがどうなるかが気になるところ。
これがもし全員逮捕なんて言うことになったら、そういうURL見つけてどっかに貼るだけで人生ブラクラが出来てしまいます。

不正アクセス禁止法の拡大解釈もいい加減にして欲しいですが、社会はもっと情報を漏らした企業への責任追及に力を入れるべきではないのでしょうか?

Posted by Takuchan at 20:13 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月06日

星の名前はalばかり

某所でホスト名をつけるときに連番でつけるのは味気ないのと、どんなマシンだったか記憶に残らないので必ず固有名詞をつけるようにしているのですが、毎回困るのがどんな名前にするか。

そういう場合に動植物の名前から取ったりする方法もありますが、私は星の数ほどありそうな「星(恒星)の名前」でやってます。

でも、やってみるとこれが意外と大変で、固有名詞が付いている星なんて実は3桁ぐらいしか無くて、おまけに似たような名前だったり、異様に長い名前でホスト名向けじゃ無かったりと結局名前を付けるのに時間が掛かることがしばしば。

特に、はじめがalで始まる星が異様に多いんで、こりゃもしかしてどこかの言語の冠詞かなと思って調べてみたところ、

  • 「アル」(“al”、アラビア語の定冠詞で英語の“the”にあたります)
やっぱり・・・(苦笑)

そういえば、某戦争のおかげで「アルジャジーラ」とかアルが付く単語を聴く機会が増えましたが、おそらくそれらの大多数は冠詞なんでしょうね。

とりあえず、alで始まる名前が被ってしょうがないので、名前が足りなくなってきたらalを外してホスト名にしようかと今考えてます(笑)

【参考リンク】

Posted by Takuchan at 17:49 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月05日

火星ウサギ

月よりも先に火星で発見されましたか(笑)

まぁ、NASAによる説明では風に吹かれているから鉱物では無いし、スペクトルもエアバッグ資料と一致するからエアバッグの破片だろうと言うことですが、それにしても形が狙いすぎだなぁ。

案外生き物だったり・・・(笑)

Posted by Takuchan at 14:19 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月04日

失踪したファイルの行方

Windowsで作業をしていて、気が付くと保存したはずのファイルがどこにも見あたらないときがあります。

時間にさえ余裕があれば「過去1日以内に更新したファイル」という検索条件でエクスプローラーから検索をかけて探し出せばいいですが、そんな時間が無い場合と、検索しても見つからないときの為に、良くファイルが隠れている場所をリストアップしてみます。

  1. Cドライブの直下
    古めのソフトやフリーソフトを使って保存したときにみっからない時はまず間違いなくここにあります。
    また中には、Cの直ぐ下に勝手にフォルダを作ってその中に保存するソフトもあるので、見慣れないフォルダもチェックする必要があります。
  2. ソフトの実行ファイルがあるフォルダの中
    これもフリーソフトなどで多いです。
    ちなみに実行ファイルのある場所の探し方はデスクトップやスタートメニューのソフトのアイコンを右クリックして「プロパティ」から「リンク先」を見れば書いてあります
    なお、こちらでも実行ファイルがあるフォルダの中にさらに保存用のフォルダが作られていることがあるので、SaveやData等の名前が付いたフォルダの中も調べてください。
  3. マイドキュメントの中
    最近はデフォルトがここのソフトが多くなってきました。
    また、ここでもマイドキュメントの中に勝手にフォルダを作ってセーブするソフトもあるので、マイドキュメントの中に見慣れないフォルダがあったら要チェックです。
  4. Documents and Settingsの自分のアカウント名の直下
    これは保存したファイルと言うよりは設定ファイルなどが入って居る方が多いです。
    なお、Documents and Settingsフォルダは普通の人ならcドライブの中にあります。
  5. Documents and Settings\アカウント名\Local Settings\Temp
    かなり深いですがアプリケーションが一時ファイルを作る場所なので、結構いろんなファイルが保存されています。
    ただ、ここの中に自分で保存したデータがあることはごくまれです。
  6. Windowsフォルダの中のtempフォルダ
    ここも上記と同じようなフォルダで、ここに保存される事もあまり多くありません。
  7. 一番空き容量が多いドライブの中
    Cドライブ以外にハードディスクのドライブがある場合に発生します。
    これらは、容量の大きなデータ(動画とか)を扱うアプリケーションのデフォルトとして多いと思います。
    また、上記は一部のアプリケーションのデフォルトインストール先や、WindowsUpdateの一次ファイルのダウンロード先としても選択されます。
基本的にこれだけ押さえておけばどこかにあるかと思います。

あと、有効な方法としては、もう一度そのソフトを起動して、何かを保存し、その保存場所を確認する方法です。
これらを組み合わせればディスク上にある限りまず目的のデータを見つけられるのではないのでしょうか。

Posted by Takuchan at 12:22 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月03日

寝込み中

連休も中日で一番自由に時間を使えるはずの日ですが、昨晩から腹痛で身動きが取れなくなって、今日は腹痛+熱+頭痛とめためたです。

昨日はあまりの痛みに虫垂炎かとも思いましたが

  • -上腹部で始まった痛みは腹の右下に移り(典型的な症状)、ここを押えると痛むのが普通。
どちらかと言えば左下腹が痛い(;´д`)ノ

なんだろうなぁとちょっとググって見たら

これか?

まぁ、素人の判断なんて宛にならないので、明日になってもダメなようなら病院に行こうと思います・・・

Posted by Takuchan at 19:23 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月02日

cygwinのシェルを定期実行

cygwinにはcrondがあってそれをサービスとして登録すればcronが使えるはずなんですが、どうにもうちの環境ではちゃんと動いてくれないのでWindowsのタスクマネージャーからシェルスクリプトを定時実行させています。

また、タスクマネージャーって意外と高性能なので、crondが動く環境でも役に立つかもしれないので下にやり方を書いておきます。

やり方は簡単でまずタスクマネージャーの「タスクの追加」から適当なプログラムを選択してタスクを追加します。
追加したら、タスクのプロパティを表示させて実行させるプログラムを以下のように書き換えます。

C:\cygwin\bin\bash.exe --login -i C:\cygwin\home\hoge\shell.sh
次に「実行するアカウント名」をいつもcygwinを使うときにWindowsにログインするアカウント名に変更します。
で、そのアカウントのパスワードを入力すれば完了です。

これでC:\cygwin\home\hoge\shell.shを設定したスケジュール通りに実行してくれます。

なお、この際のシェルスクリプトのパスはあくまでWindows上から見たパスを指定しますが、シェルスクリプトの中ではcygwin上でのパスで指定して、各コマンドを記述してください。

また、同様の方法で、シェルスクリプトを起動するショートカットも作れるので、いろいろと応用するとCygwin環境がより使いやすくなるかもしれません。

Posted by Takuchan at 00:02 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年05月01日

名刺サイズLinux

他の人のパソコンの修理することが結構あるのですが、OSが悪いのかハードが悪いのか判らなくて問題が切り分けきれないことがままあります。

最初っから復旧するつもりならKnoppixなどそれなりに準備して行きますが、大抵は行ったその場でちょっと見て欲しいと言われるので困ります。

そういう場合に名刺サイズCDからOSが起動出来れば楽かなぁと思ったのですが、自分で取捨選択してディストリビューションを作るなんて無理なので、誰か作ってないかなぁと思って検索かけて見たら、

結構種類あるですよ( ̄▽ ̄)ノ

というわけで、いくつかちょっと紹介してみます。

続きを読む...

Posted by Takuchan at 11:00 | コメント (0) | トラックバック(0)