2010年10月30日

RELIEF DC6V電池式ミニドライバー

最近eneloopを利用して元が取れるかチャレンジ中で、そのために乾電池駆動の物品を物色中(本末転倒の極み)なのですが、ふと見つけた「単三電池4本で5.6Nのパワー」なる「RELIEF DC6V電池式ミニドライバー 30936」を購入してみました。

2010103000.jpg

早速、使ってみようと電池蓋を開けると

( ゜д゜) ポカーン

(つд⊂)ゴシゴシ 

(;゜д゜) 

(つд⊂)ゴシゴシ 
  _, ._
(;゜ Д゜) …?!

2010103003.jpg

めっちゃ錆びてるー(ノ `Д´)ノ===┻━┻

もちろんブリスターパック開けたての新品ですよ。

こりゃ返品かなと思いつつ、電池も付属してなかったので汚れてもあんまり惜しくないキズキズのエネループで動くかどうか試したら、こんな状態なのにも関わらずなんかちゃんと動きます(笑)

2010103002.jpg

にしても、このLEDライト意味あるんでしょうか?

なんか変なところを照らしていて、肝心のドリルの先端には一切光は当たりません(笑)

しかし、乾電池4本(しかもエネループなので実質4.8V)なのでパワーは全然期待していなかったんですが、思っていたよりはパワーあります。

少なくても人力では回転を止めることが出来ないぐらい、いいトルクで回ります。

また、電池の持ちは想像以上で、試しに10分以上回しっぱなしにしてみましたが、全くトルクが衰えることもなく、その後すぐ電池を充電してみたんですが、満充電4時間の充電器で1時間ちょっとで充電完了しました。

ただ、良かった点はこのぐらいで、付属のドライバービットは磁性を帯びていないうえ、工作精度も悪く、ネジをしっかり手で押さえていないと全く回せません。

また、電池ケース周りは、上記の錆び意外にもとにかく酷くて、電池の敷居がないので、電池を入れる順番を考えないと入らないですし、入れたら入れたで、蓋がプラスチックの貧弱パーツで止まっているだけなので、ちょっとした振動で外れたりします。

でも、大丈夫、蓋が開いてもエネループを使っているためか、電池は本体を床にたたきつけるぐらいの振動を与えなければ電池ケースから出てきません(爆)
(なので、いっぺん入れると取り出しが凄く大変です)

また、モーターの音はちゃんと計ってはいませんが、体感でミニ四駆やラジコンよりは五月蠅く、ドライヤーや掃除機よりは静かという程度でした。

それから、回転速度など当然変えられないので、ドリルとしては使えないと思ってください。
(ドリルチャックなどを買ってわざわざこれをドリルにするぐらいなら、同じ値段でもっとまともな物が買えるはずです)

そんなこんなで、工具として買うと大後悔必至ですが、値段も大して高くなかったのと返品するのも面倒なので、何か使い道はないか考えてみようと思います。

にしても、取説にわざわざゴム版で「QC PASSED」とか押してあるんですが、動けば品質コントロール的に全然OKなんでしょうかね>販売元のミツトモ製作所さん的には。
2010103004.jpg

と言う感じで、お勧めは出来ないですが、物好きな方はこちら↓

もっといい物をお探しの方はこちら↓2011/01/24 追記

昨日使っていたら壊れました。
2011012400.jpg

ゴミなので買ってはダメです。

Posted by Takuchan at 2010年10月30日 23:50 | トラックバック(0)