2009年10月29日

VMwareでbridge時のみHostとGuest間が通信NG

と言うわけでVMwarePlayerの最新版がリリースされたので早速インストールしてみました。

新機能の紹介などは他のサイトに譲ることにして、かなり面倒なハマリ方をしたので、状況と解決策を書いておきます。

で、問題の症状とは以下のような感じです。

  • ゲスト側の仮想NICをブリッジ設定にするとゲスト⇔ホスト間のネットワーク共有(SMB)などTCP通信全般が通らない(ネットワークドライブなどが繋がらない)
  • ブリッジ設定でもゲストからインターネットやホスト以外の物理マシンには通信できる
  • ホストからインターネットや他の物理マシンには通信できる
  • ゲストの仮想NICがNATやホストオンリーではホストと問題なく通信できる
  • いかなる場合でもゲスト⇔ホスト間のPingは問題なく通る
で、最初VMware側のバグかと思いあきらめかけていたのですが、それにしても症状が腑に落ちなかったのでを用いてパケットをキャプチャしてみたところ、

TCP checksum bad

何でやねん・・・

でも、チェックサムというキーワードが解ったので、ホスト側のデバイスマネージャーからRealtekのNICの設定を見てみたところ「Overload checksum」オプションが怪しそうだとにらんで、とりあえず「Tx/Rx Enable」→「Disable」にしてみたところ、無事繋がるようになりました( ̄▽ ̄)ノ

ただ、蟹のNICだけに、ドライバ側の問題も考えられたので

から最新ドライバを落として試してみましたが、相変わらず送受信共にオーバーロードチェックサムを有効にするとNG

で、試してみたところ受信(Rx)は有効にしても問題ないようだったので、現在下図のようにRx有効にして利用しています。

2009102901.gif

っていうか、2.5.xでは問題なかったので、VM側にも原因がある気もするので修正されると良いなぁ。

Posted by Takuchan at 2009年10月29日 23:10 | トラックバック(0)