2009年05月03日

さよならSleipnir

いい加減Sleipnirのフリーズ祭りに耐えかねてついにFireFoxにメイン環境を引っ越してしまいました。

まだ若干不便なところもありますが、おおむねSleipnir時代より快適になって良い感じです。

とりあえず、Sleipnir化のために利用しているアドオンの一覧を晒してみます。

    • タブ管理のためにはこれがないと始まりません。
      ただ、多段タブは嫌いなのでにあるカスタムスタイルをさらに改変&TabMix自体も書き換えて極限まで横幅16pxでタブが描画できるようにしています。
      まぁ、これでも60タブぐらいで破綻してしまいますが、個人的にはこれですごく使いやすくなりました。

    • マウスジェスチャアドオン。
      これも無いとお話になりません

    • いろいろなショートカットキーを使うためのアドオン。
      そのままでは対応バージョン定義の関係で最新のFireFoxで動かないため、その部分を書き換えてインストールしています

    • 右クリックメニューを整理するためのアドオン。意外に必須ツールです

    • これが以降の決め手になったアドオンです。
      英語→日本語翻訳ボタンとか自作スクリプトの起動ボタンを簡単に追加できるのでこれ無しでは以降の決心は付かなかったと思います。
      翻訳ボタンは下記のサイトで入手可能です。


    • セキュリティ的にはダメダメな事をしりつつ、どうでも良いサイトへの自動ログインで便利に利用していたSeahouseのAuto Login Creatorの代わりとして導入しました。
      Auto Login Creatorよりは比較的セキュアですし、自動ログインではないですが、ショートカットキーを有効にすることでほぼ自動ログインとなるので、大体満足しています。
      (完全自動も出来るらしいですが、うちの環境では余りうまく動かないので・・・)

    • Seahouseの代わりです。
      また、無駄に「AUTOCOMPLETE="OFF"」が設定されていてSecure Loginが動いてくれないサイト対策にを居れるのに必要ですし、便利なでも必要になるので、これもFireFoxを使うなら手放せないアドオンです。

他にもSpleipnir以上に便利にするためにNo ScriptとかAdblock Plusなど多数のアドオンをいれていますが、そちらの紹介は別の機会にしたいと思います。

にしても、フェンリルはスタートページと検索が違うだけというウワサのIE8である

なんかを公開していたりして、手詰まり感がアレですねぇ。

Win2000ではIE6までしかインストール出来ないですし、出先の組織もIE6しか許可してくれていない不思議な組織なので、流行のページを表示させるたびにSleipnirが固まってイライラします。

いっそ他の環境もFireFoxを基本にしたいところですが、FireFoxはサイドバーの取り扱いが致命的に弱いのでSleipnir+Nun! Extensionが快適な環境ではまだ置き換えを躊躇している所です。

これと同じ動きをするアドオンさえあればSleipnirは綺麗さっぱり捨てられるんですが、userChrome.jsでどうにか出来ないかと闘ってみてもサイドバーをフローティング表示する方法が解らず保留状態だったりします。

Posted by Takuchan at 2009年05月03日 23:59 | トラックバック(0)