2009年02月23日

Bacula (8) bacula-dir.conf 3

こちらの続き

bacula-dir.conf」のデフォルト状態の設定ファイル説明の第3回です。

今回は下図の範囲を説明します。

2009022300.gif

この辺りにはメッセージの処理方法と何故か大事なPool設定があったりします。

一通り理解したらちゃんと並び替えをしておくのがよいでしょう。

さて、詳細を見てみましょう。

なお、例によって注釈はインラインで行います。

(注釈はこの色で記載します)

202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
# Reasonable message delivery -- send most everything to email address
#  and to the console
Messages {     ←Jobの終了や異常時のメッセージの処理方法の指定
  Name = Standard     ←この設定の名称。Jobの設定で指定します。
#
# NOTE! If you send to two email or more email addresses, you will need
#  to replace the %r in the from field (-f part) with a single valid
#  email address in both the mailcommand and the operatorcommand.
#  What this does is, it sets the email address that emails would display
#  in the FROM field, which is by default the same email as they're being
#  sent to.  However, if you send email to more than one address, then
#  you'll have to set the FROM address manually, to a single address.
#  for example, a 'no-reply@mydomain.com', is better since that tends to
#  tell (most) people that its coming from an automated source.
 
#
  mailcommand = "/usr/sbin/bsmtp -h localhost -f \"\(Bacula\) \<%r\>\" -s \"Bacula: %t %e of %c %l\" %r"     ←メールの設定です。localhostになっている部分をsmtpサーバのアドレスに書き換えればメールが飛ぶようになります。
  operatorcommand = "/usr/sbin/bsmtp -h localhost -f \"\(Bacula\) \<%r\>\" -s \"Bacula: Intervention needed for %j\" %r"     ←operatorcommandとなっていますが、とりあえずmailcommandと同様の物を設定すればよいようです。なお、%jなどの詳細はこちらを参照してください。
  mail = root@localhost = all, !skipped     ←前半はmailcommandにて「%r」で置換されるアドレスの指定です。後半はユーザの指示でスキップしたファイル以外の全ての情報を送るという意味らしいです。
  operator = root@localhost = mount     ←こちらはoperatorcommand用の宛先と、ボリュームのマウント指示のみメールで遅れと言う指示です
  console = all, !skipped, !saved     ←bconsoleなどでの接続時にコンソールに表示するログの内容の指定です。
#
# WARNING! the following will create a file that you must cycle from
#          time to time as it will grow indefinitely. However, it will
#          also keep all your messages if they scroll off the console.
#
  append = "/var/lib/bacula/log" = all, !skipped     ←ログファイルへの追記方法の指定です
}
 
 
#
# Message delivery for daemon messages (no job).
Messages {     ←ディレクターのログの出力先指定です。大体上記と一緒なので省略します。
  Name = Daemon
  mailcommand = "/usr/sbin/bsmtp -h localhost -f \"\(Bacula\) \<%r\>\" -s \"Bacula daemon message\" %r"
  mail = root@localhost = all, !skipped
  console = all, !skipped, !saved
  append = "/var/lib/bacula/log" = all, !skipped
}
 
 
 
 
# Default pool definition
Pool {     ←デフォルトプールの指定です。何故設定のこんな所にあるのか不明です。
  Name = Default     ←例によってこのPool設定の名称です。
  Pool Type = Backup     ←このPoolのタイプです。と言うか、現在はBackup以外未実装のようです。
  Recycle = yes     ←ボリュームの再利用が可能かどうか                       # Bacula can automatically recycle Volumes
  AutoPrune = yes     ←期限切れでのボリュームの切り詰めを自動で行うかどうか                     # Prune expired volumes
  Volume Retention = 365     ←ボリュームが切り詰められるまでの期間。1年なので長すぎです。 days         # one year
}
 
# Scratch pool definition
Pool {     ←プールにボリュームが足りないときにとりあえず割り当てる仮プールの設定。と言うか何も設定されていないのでスキップします。
  Name = Scratch
  Pool Type = Backup
}
 
#
# Restricted console used by tray-monitor to get the status of the director
#
Console {     ←trey-monitorでの接続の際の設定です。
  Name = ホスト名-mon
  Password = "rkK5izRP4oA3wm9FDRsGHaqD0xswSdoNvJsWP3Qu8UMt"
  CommandACL = status, .status     ←モニター用なので利用できる内容に制限がされています。
}
次回は実際のバックアップ設定のサンプルを見てみます

Posted by Takuchan at 2009年02月23日 01:28 | トラックバック(0)