2009年02月22日

Bacula (7) bacula-dir.conf 2

こちらの続き

bacula-dir.conf」のデフォルト状態の設定ファイル説明の第2回です。

今回は下図の範囲を説明します。

2009022200.gif

なお、この辺の設定は順番がぐちゃぐちゃで理解しにくいので要注意です。

最初に設定する人は、後の人のために設定の順番の整理をしておいた方がいいでしょう。

さて、詳細を見てみましょう。

なお、今回も注釈はインラインで行います。

(注釈はこの色で記載します)

90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
 
# List of files to be backed up
FileSet {     ←バックアップ対象を指定するFileSet設定です
  Name = "Full Set"     ←ファイルセットの名称です。Jobではこの名前を設定します。
  Include {     ←バックアップに含めるファイルの指定
    Options {     ←バックアップする際のオプション
      signature = MD5     ←バックアップ対象ファイルの変化を調べる方式
    }
#
#  Put your list of files here, preceded by 'File =', one per line
#    or include an external list with:
#
#    File = <file-name
#
#  Note: / backs up everything on the root partition.
#    if you have other partitons such as /usr or /home
#    you will probably want to add them too.
#
#  By default this is defined to point to the Bacula build
#    directory to give a reasonable FileSet to backup to
#    disk storage during initial testing.
#
    File = /usr/src/packages/BUILD/bacula-2.4.4     ←バックアップ対象ファイルです。これを「/」にすれば、とりあえずフルバックアップできます
  }
 
#
# If you backup the root directory, the following two excluded
#   files can be useful
#
  Exclude {     ←バックアップから除外するファイルの一覧
    File = /proc
    File = /tmp
    File = /.journal
    File = /.fsck
  }
}
 
#
# When to do the backups, full backup on first sunday of the month,
#  differential (i.e. incremental since full) every other sunday,
#  and incremental backups other days
Schedule {     ←デフォルトバックアップ用のスケジュール
  Name = "WeeklyCycle"     ←バックアップスケジュールの名称。Jobの設定時にここで指定した物を指定してください。
  Run = Full 1st sun at 23:05     ←フルバックアップの時刻。毎月第一日曜日の23:05に実行されます
  Run = Differential 2nd-5th sun at 23:05     ←差分バックアップの実行時刻。第一日曜日以外の日曜日の23:05に実行されます
  Run = Incremental mon-sat at 23:05     ←増分バックアップの実行時刻です。月曜日から土曜日までの23:05に実行されます。
}
 
# This schedule does the catalog. It starts after the WeeklyCycle
Schedule {     ←カタログDBのバックアップのスケジュール設定
  Name = "WeeklyCycleAfterBackup"
  Run = Full sun-sat at 23:10     ←毎日23:10に実行します
}
 
# This is the backup of the catalog
FileSet {     ←カタログDBのバックアップファイルの置き場指定
  Name = "Catalog"
  Include {
    Options {
      signature = MD5
    }
    File = /var/lib/bacula/bacula.sql     ←事前実行されるスクリプトで生成されるファイルの場所が指定されています
  }
}
 
# Client (File Services) to backup
Client {     ←接続するバックアップクライアント(FireDaemon)の設定
  Name = ホスト名-fd     ←bacura-fd.confで設定した名称
  Address = ホスト名     ←接続するFileDaemonが起動しているアドレス
  FDPort = 9102     ←FileDaemonのポート番号
  Catalog = MyCatalog     ←利用するカタログDBの名称
  Password = "EhZDoxrcxuokQlqBOhe1wt3f2sMMPnjd3Rp4UBcfaw3b"     ←bacula.fd.confで指定したパスワード          # password for FileDaemon
  File Retention = 30 days     ←カタログDBからバックアップしたファイル一覧が削除されるまでの期間            # 30 days
  Job Retention = 6 months     ←カタログDBからジョブの記録が消えるまでの期間            # six months
  AutoPrune = yes     ←上記の自動削除期間を有効にするかどうか                     # Prune expired Jobs/Files
}
 
#
# Second Client (File Services) to backup
#  You should change Name, Address, and Password before using
#
#Client {
#  Name = ホスト名2-fd
#  Address = ホスト名2
#  FDPort = 9102
#  Catalog = MyCatalog
#  Password = "EhZDoxrcxuokQlqBOhe1wt3f2sMMPnjd3Rp4UBcfaw3b2"         # password for FileDaemon 2
#  File Retention = 30 days            # 30 days
#  Job Retention = 6 months            # six months
#  AutoPrune = yes                     # Prune expired Jobs/Files
#}
 
 
# Definition of file storage device
Storage {     ←利用するストレージの設定
  Name = File ←この設定の名称。Job設定で指定する名称になります
# Do not use "localhost" here    
  Address = ホスト名     ←StorageDaemonが起動しているホストのアドレス。ここはFileDaemonから見たアドレスを記載する必要があるので、lovalhostなどにすると他のホストのFileDaemonが接続できなくなります。                # N.B. Use a fully qualified name here
  SDPort = 9103     ←StorageDaemonが起動しているポート番号
  Password = "Ty7aNxghTDXuPWiyu4KW3SnyTF3K+B9slZxolO/c9vM7"     ←bacula-sd.confで設定したパスワード
  Device = FileStorage     ←bacula-sd.confで指定したDeviceの名称を指定します
  Media Type = File     ←Deviceで指定したデバイスの種類を指定します。ここがずれていると変なことになるので必ずあった物を指定しましょう。
}
 
 
 
# Generic catalog service
Catalog {     ←カタログの設定です
  Name = MyCatalog     ←カタログの名称
  dbname = "bacula"; dbuser = "bacula"; dbpassword = ""     ←カタログで利用するデータベースに接続する際の「DB名」「ユーザ名」「パスワード名」を指定します。
}
 
次回は今回の続きを説明します。

Posted by Takuchan at 2009年02月22日 01:43 | トラックバック(0)