2008年12月31日

インチキプロテクトライティング

先日、とある説明会で貰ったというCD-Rのデータを回覧したいという話があったので中身を見てみたところ

  • PDFらしいファイルが入っているがそのままでは見れない
  • 見るためにはいちい閲覧用のアプリケーションをインストールしなければならない
  • しかもインストールに管理者権限が必要
  • 元のCD-RがCDドライブに入ってないと閲覧できない
とかなりうざったいコピープロテクトが掛かっていました。

っていうか、見るためにわざわざ管理者権限が必要なアプリケーションをインストールさせるという神経が信じられなかったので、どんな事をしているのかと調べてみたところ、ドライブを探すために全ドライブ文字列をサーチしていたり、暗号化されたPDFと思われる部分がどうやら奇数バイトと偶数バイトを入れ替えているだけとか大変お粗末な作りでした。

もちろんそこまでわかってしまえば簡単でPerlでさくっとデコーダ作ってPDFを取り出してそれを回覧して貰いましたが、こんな酷いコピープロテクトを作成したアプリはどんなのか気になって調べたところ、プリンタとかで有名な某大手のメーカーが1年半前まで販売していたソフトらしいことが判明(苦笑)

まぁ、現在は販売されていないようですが、市販バージョンが販売価格約1万円、上位バージョンが約10万円、って10万円も出してこのレベルは酷すぎじゃない(^^;;;

というわけで、心当たりのあるソフトをご利用中の方は今すぐ利用を中止されることをお勧め致します。

Posted by Takuchan at 2008年12月31日 07:40 | トラックバック(0)