2007年12月16日

SPACEWARP desktop購入

先日紹介したSPACEWARP desktopですが、先週遅まきながら購入しました。
(と言うか発売された11月中旬は忙しくってすっかり存在忘れていました(^^;)

もう、レビューは出回っている頃なので、こちらではあっさりと。

まず、組み立ては拍子抜けするほど簡単でした。
レールをつなげるときに若干のコツが要りますが、それもこれまでのSPACEWARPに比べれば微々たる物で、わずか15分ほどで組み上がりました。
(SPACEWARP5000の時は延べ4時間掛かっていたので、16倍早く組み上がった計算です(笑))

また、鉄球については何ら問題もなく順調に動いて、期待の夜光球は・・・びみょ〜(;´д`)ノ

いや、光具合とかは完璧なんですが、ボールが小さくて軽いせいで、ちょっとでも水平が狂うと最後の合流の辺りやエレベーターの直前で止まるし、挙げ句の果てにエレベーターの出口付近で詰まって書き出さないといけなくなるなどストレスが溜まります。

その全体の小ささのせいでだと面白みが今ひとつですし、いっそ鉄球やめて夜光球を鉄球と同じ重さ大きさにして欲しかったですね。
(っていうか、今からそう言う珠出してくれないかなぁ・・・)

それから、どうせならAC駆動も出来るようにしてくれれば良かったと思います。
(そうすれば、タイマー噛ませて寝る前に動かすなんて言うことも出来ますし)

あと、夜光球での駆動状況を動画撮影してみました↓


※撮影はいつも通りDMX-CG65で行っています。

(背面側から撮影していますが、最初の方では下の合流付近で珠が滞留しています(^^;)

こんな感じで問題点も多いですが、水平さえ取れればインテリアとしては良いので、クリスマスに向けて一つ買ってみてもいいかもしれません。

Posted by Takuchan at 2007年12月16日 21:50 | トラックバック(0)