2007年10月11日

良い医者に巡り会いたい

頭痛・・・

今日はそれに尽きます。

と言うか、夜中は涙を流すほど痛くて朝までほとんど寝てないので、これから多少良くなっても何も出来ないだろうと判断して一日オフにしました。

昨日は昨日で、先週から引いている風邪が悪化して、一日休んでいるのでコレで二日連続でいろいろとヤバイ感じです。

なので、一刻も早く良くなるために医者に行きました。

風邪の症状は今日はほとんど良くなっているので、とにかく痛い頭痛を見て貰いたくて家から徒歩で行けるそこそこ大きな病院を受診。

その病院、出来てまだ3年ぐらいで、受診するのは2回目。

ただ、前回は微熱が2週間ほど続いて調子悪くて受診したのに

「メタボリック症候群ですね」

とか意味不明な診察をされて薬すら出されず追い返されたので正直微妙でしたが、この痛い中遠くまで行ってられなかったので、背は腹に変えられずそこに行くことに。

で、行ってみると開院直後なのに親子連れが一組ともう一人しか待合室にいない状態。

早速受付に行って診察券を出して症状を伝えると保険証の提出と検温をしろと言われる。

保険証はすぐ返してくれるかなぁと思って、待っていたら早く待合室で検温しろとの支持。

つか、番号確認するだけなんだから保険証すぐ返せよ(;´д`)ノ
待合室に戻ったらどこかでコピーされていてもわからんだろ・・・

で、デジタルの予測式体温計で検温したら37.4度。

「家では37度ジャストぐらいだったんだけど、徒歩で来たんだしこんな物か」

と思って提出。

すると、待合室に居た一人は既に居なくなっていて、親子連れだけ。

それも、5分もしないうちに呼ばれて2分もしないうちに出てきた(爆)

どんな病状にしろそれは早すぎないかヽ(´〜`;

なんか一抹の不安を感じつつ呼ばれたので診察室へ

医者の顔を見ると・・・前回メタボリックだと意味不明な診察をした先生だorz

で、とりあえず「昨日の夜から痛くなって、今は左前と盆の窪が特に痛い。夜は頭痛で寝られなかった。先週から風邪ひいているけどこっちは快方に向かってるなど」言いたいことをどんどこ伝える。

で、例によって喉を診られる+聴診器で調べられて、その後「日頃何してる?」と聴かれたので「PC関係」と答えたら案の定

「頭痛の原因はCRT症候群ですね」

・・・この医者\(^o^)/オワタ

つうか、そんな病名ぐぐっても出てこないよ。

の事を言いたいのか?

で、「日頃目が疲れませんか?」とか聴かれましたが、別にそんな感じはしないと伝えると

何にしろ熱もありますし風邪が引き金だと思うので風邪薬出しておきます。風邪薬に鎮痛剤入っているので大丈夫ですよ」
とか、言い出したので

「いや、今寝られないぐらい痛いんです。特に横になると酷くって」

と伝えたら

「わかりました。とにかくお薬出しますので」

「・・・はい」

この医者には何を言っても無駄だと思いました。

で、結局3分ほどの格闘のあとに待合室に行くと2分ぐらいで呼ばれてお会計。

再診料と投薬で1030円。

この内容でこの金額は高すぎです。

で、そこで「お薬は隣の薬局で良かったですか?」と聴かれて「はい」と答えると、

もう連絡してありますのですぐ受け取れると思いますよ〜」とのこと。

それ、聴く順番逆じゃない?
まぁ、すぐ隣だし、他に競合もないから親切だと思って黙ってましたけど。

で、薬局に始めていったので問診票書いて薬もらいましたがその際に「この薬は強いので食後に飲んで下さい」と言う説明以外ほとんど薬について説明ありませんでした。
(薬についての説明の紙は付いていたんだけど、普通は口頭でどんな薬なのか説明されるものだと思うのですが・・・)

で、横になると相変わらず痛いので、このブログ書きながら渡された薬について調べていたんですが

は偉く一般的な風邪薬なので、まぁ良いですが問題は
  • 1.関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頚肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後、抜歯後の消炎・鎮痛の場合:ロキソプロフェンナトリウム水和物(無水物として)1回60mg、1日3回経口投与する。頓用の場合は、1回60〜120mgを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。
    2.急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合:ロキソプロフェンナトリウム水和物(無水物として)1回60mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、原則として1日2回までとし、1日最大180mgを限度とする。また、空腹時の投与は避けさせること
渡された紙を見ると、こっちの薬も毎食後3回×4日分とか書いてあるので頚肩腕症候群(要するに肩こり)で薬出されたらしい。

つうか

2).急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原則として同一の薬剤の長期投与を避ける。
3).急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原因療法があればこれを行い、本剤を漫然と投与しない。
とかあるので用法誤っている気がする。

そもそも、先日歯医者に行って歯茎の化膿と診断(こっちも寝れないほど痛かった)されて貰った痛み止めと薬と成分同じなのに、そのときは

「頓服として利用して下さい。余り痛くないときは半錠にして下さい。どうしても痛いときだけ追加で2錠飲んで下さい。必ず何か食べてから飲んで下さい」

と言われてわずか5錠しか貰わなかったのに、今回遠慮無く出されてるし・・・
(そのときは抗生物質との最強タッグで下痢がやばかった)

やっぱ、怪しい医者から貰った薬は調べないと危ないですね。ほんと。

でも、一体頭痛の原因は何だろう。

良く頭痛の原因は緊張性と便頭痛に分類出来ると聴きますが、私の場合はどちらかというと偏頭痛の方が当てはまるんですよねぇ<特に発作の出方とか

ただ、今日も何ですが、偏頭痛になると肩こりも出て寝てても辛いという嫌な状態になることが多いです。

本当、どこかに良いお医者さんいないですかねぇ<と言ってもあんまり遠いと受診できませんが(^^;

Posted by Takuchan at 2007年10月11日 12:02 | トラックバック(0)