2007年09月24日

電源マークの由来

そう言えば液晶モニタの電源の所に書いてある電源マーク(縦棒(|)と上向きのCが組み合わさった形)とか、サーバ機器なんかの電源スイッチの所にある棒と丸マークの由来って何だろうと思って調べてみたことがあります。

結果から言うと、国際電気標準会議(International Electrotechnical Commission)で定義された記号と言うことは解ったのですが、由来は解らず終い。

なんか、色々見た感じは電源の|と○は2進数の1と0が元であると言う説が有力のようですが、そう明記された文書は何処にも無いそうで・・・

また、それら二つを組み合わせて「この操作では完全な電源切断ではない」事を示すボタンとして|と上向きのCを組み合わせた記号が使われるようになったようです。

に因ると元々はサスペンド用ボタンだそうですが、今はそう使われているのはごく少数だと思われます。

上記のリンクが参考サイトとしては一番良質でしたが、もう一つ参考サイトを載せておきます。

っていうか、もっと素敵な解があったらぜひ教えてくださいm(_ _)m

Posted by Takuchan at 2007年09月24日 19:49 | トラックバック(0)

バタフライ弁をパイプから覗いた形って思ってました。
開:( | )・閉:○

Posted by: きかいもの at 2009年05月10日 07:49