2006年12月31日

WHR-AM54G54

これも2006年のはじめの方で買った古い物(笑)

その分、使い込んでいますので、そう言うレビューだと思ってご理解下さい。

まず、製品自体の紹介は例によって、公式ホームページをご参照下さい。

でもって使用感ですが、とりあえず、設定完全に終わるまでは間違ってもLANにつながないで下さい。

デフォルトだとセキュリティ無しです。
(忙しいときだったんでこれに気が付かなくて二日ほどセキュリティ無しでLANにぶら下げていました(;´д`)ノ)

有線ポートもあるし、AOSSもあるんだからデフォでがちがちにしておいて欲しい限り<これはほんと改善して欲しい

で、この機種を選んだのはAOSSを実装していたこと。
(本当はMIMOが乗っている物が良かったんですが、クライアント側に対応しているのがなかったのと、規格として固まる前だったので見送り)

それまでは出たばっかりの無線LAN機器を可能な限りのセキュリティを掛けて運用していたんですが、さすがにそれに限界を感じていた頃にAOSSの存在を知って「これはブレイクする」と確信して購入。

実際、ブレイクしたニンテンドーDSやWiiがAOSS対応だったため、一気にメジャーになったんじゃないかと思います。

また、暗号鍵などを複雑にするとニンテンドーDSやWiiでは実質入力したくない桁数になりますので、これらの機器を持っているならAOSSはもう必須だと思います。

ただ、AOSSは普段OFFにしているんですが、使えるようにするための切り換えに異様に時間が掛かるので気になっていましたが、どうやらこれはファームが古かったためらしいです。

さっきこのエントリー書くためにメーカサイト見ていたら9月付でそこら辺が改善されたファーム(1.40)がリリースされていました。

AOSSで24台以上登録できないとか言うバカなバグもあるようなので、持っている人はきちんとアップしておきましょう。

総評としては、特に欠点らしい欠点のない名機だと思います。

これまでハングアップしたこともないですし、インフラたる物一度設定すれば空気であれが持論なのですが、これはまさにそう言う機会だと思います。

今だと1万前後で購入できるので、購入を検討している方、買ってみてはいかがでしょう?

Posted by Takuchan at 2006年12月31日 22:45 | トラックバック(0)