2006年06月19日

日本公式NTP

というわけで早速手元のNTPdの設定を書き換えることにしました。

で、書き換える場合は

  • ntpd の場合 (Linux や FreeBSD など)
    /etc/ntp.conf に次の3行を加えてください。
    server -4 ntp.nict.jp
    server -4 ntp.nict.jp
    server -4 ntp.nict.jp
    (同じ内容を3行書くのが重要)
    なお、"-4" は強制的に IPv4 を使用するためのオプションです。もし、IPv6 で接続可能でしたら無くても構いません(その場合、IPv6 が優先される場合が多いと思います)。
とのことで、ラウンドロビン利用してサーバ分配が計られるようですが、試してみたところ
     remote           refid      st t
=====================================
 LOCAL(0)        LOCAL(0)        10 l
+ntp-b3.nict.go. .PPS.            1 u
*ntp-b3.nict.go. .PPS.            1 u
+ntp-b3.nict.go. .PPS.            1 u
同じの3つ引き当ててるし(;´д`)ノ

2〜3回NTPd再起動してもダメだったので、しょうがなく

$ nslookup ntp.nict.jp
Non-authoritative answer:
Server:  10.7.168.192.in-addr.arpa
Address:  192.168.7.10

Name:    ntp.nict.jp
Addresses:  133.243.238.164, 133.243.238.243, 133.243.238.244, 133.243.238.163
でラウンドロビンされるIPを調べてそれぞれのホスト名を出して
server ntp-a2.nict.go.jp
server ntp-a3.nict.go.jp
server ntp-b2.nict.go.jp
server ntp-b3.nict.go.jp
ってな感じにしました

まぁ、これだけって言うのもアレなので一応これまでも使っていたntp1.jst.mfeed.ad.jp 系とプロバイダ系を組み合わせて利用しています。

こうしておけば使いやすいの勝手に使ってくれるかなぁと思って二日放置してみた結果、結局ntp.nict.jpだけを使っているようです(苦笑)

恐るべしStratum 1

Posted by Takuchan at 2006年06月19日 03:09 | トラックバック(0)