2006年04月14日

雑記(2006/04/14)

最近某業者と戦闘中。
釣った魚には餌やらない系の保守業者から盆暗担当営業がやってくるんですが、どうせ弁明だけで1時間はつぶされるんだろうなぁ。

日本語版が使ってみようかなと思いますが、現在も組織指定のモノと自分用(PalmDesktop)で既に分断されているところにさらに一つ増えてもなぁというのが正直なところ。
なんか、そこら辺うまいこと吸収可能なスケジューラ無いですかねぇ・・・HDDを使いまくっているヘビーな録画マニアなどには非常に便利そうな一品です。
現在、U2-Dock U2-MDK1使ってますが、最大の問題がカートリッジの値段の高さだったりしますかね。
っていうか、カートリッジは確かにそのまま適当なところに積める所は便利ですが、接点保護がキャップ式だったりプラ製で放熱悪かったりと欠点も多いので、S-ATA用を買うときはこっちにしようと思ってます。
せめて、接点部分がシャッター式とか、アルミ放熱パーツ付きならカートリッジも考えないこと無いんですが、カートリッジ代が5000円超えそうなんでどっちにしても無理かもしれません(笑)
確かに、1byte書き換えて実行ファイル名替えたらそれですり抜けられるようなインチキ臭いのも多いですがのようにWinnyの本質を検出してやるタイプもあるので、見極めは必要かと。
まぁ、P2Pソフトなんていっぱいありますし、制限掛ければその制限を乗り越えられる新種が出るだけなので、結局の所、この手のモノは「対策してるぞ」というスタンスを内外に見せるためだけのツールだと思います

Posted by Takuchan at 2006年04月14日 01:43 | トラックバック(0)