2006年02月05日

WX310SA Ver1.10

と言うわけで、大方の予想通りWX310Jの発売にあわせて発表されたファームですが、やっと致命的なgzp問題が解決・・・と思ったら今度はJAVAでも強制gzipだそうでまだまだ問題は尽きない限り。

ただ、個人的には通信系JAVA使ってなかったですし、gzipの恩恵受けまくりなんで今回のファームウェアは福音となりました。

っていうか、テキストベースのページだと表示開始から全部でるまで3秒ぐらい待たされたページが一瞬で出てくるので大変楽になりました。
(まぁ、ページ書き換えが始まるまで数秒かかるのは前から変わりませんが(苦笑))

あと人間、何でも慣れるもので、ネットフロントも現在使いこなしています(笑)

まず、京ポンの時はブラウザ起動時に短縮番号でブックマークが開けたのを何とかするために、スタート画面を事前にHTMLで用意してホームに設定し、

ブラウザボタン長押し→AccessKeyや十時キーで目的の項目を開いてジャンプ
で使っています。

これはグラフィカルなんで番号起動よりもある意味使いやすいかもしれません。

あと、あと、メールについてはGmail mobileをもちることでほとんどの問題が解決

っていうか、下記のURLをブックマークなり自作スタートページなりに登録しておくことで確認なしでログインできるので非常に簡単

https://www.google.com/accounts/ServiceLoginAuth?continue=https%3A%2F%2Fmail.google.com%2Fmail%2Fx%2F1lf066q7iak4z%2F%3F&service=mail&nui=5&rm=false&Email=自分のアカウント名(@gmal.comより前)&Passwd=自分のパスワード

さらに長いメールは(ちょっと過剰に)分割されるので無駄なパケ代使わないで内容の判断できますし、タブで新規に開くことで貼られたURLへの移動→戻るのも楽々。

しかも、URLに飛ぶときはGmail提供の簡易ProxyのおかげでCSSのブロックごとにページが分離され、さらにネットフロントのセンタリング祭りを回避してSmartFitモードで楽々ブラウジングができます。

おかげで、impress系のページはショートカットして本文を読むことができるので、閲覧時間の削減に役立ちます。

また、Gmailの強力な検索機能も使えますし、SSL接続でもちゃんと見れるので(Googleに個人情報が渡るのが気にならなければ)標準のメールよりも使いやすいかもしれません。
(私は、端末宛てメールも全部転送して全てそっちで蓄えることにしました<Gmailの強力な検索機能が使えますし)

そんなこんなで快適に使えてWX310SAもだいぶ満足な感じです( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 2006年02月05日 16:02 | トラックバック(0)