2005年12月05日

父が亡くなりました(5)

3日目。

午前中は特に予定がなかったため、朝から家族総出で資料の整理。

でも、何でも取っておく父のおかげで新しい書類と混ざった数年前の領収書など大量に出てきて悪戦苦闘。

それから、明らかな父の会社の機密事項なども出てきて安易に捨てられもせず、結局一枚一枚整理する羽目に。

いつまで経っても終わる感じがしません。

また、平日なので一応電話でも忌引きの連絡を入れて、併せて家族を自分の扶養に入れるための手続きを開始→でも必要書類一覧の取り寄せまでしかしてませんが。

あと、ネット止められると個人的にたまったものじゃないので、ひとまずNTTに連絡→名義などの変更書類を送ってもらうことに。

さて、次にその他の公共料金の連絡をしようとしたところ、親族一同がやってきたので、今日の片付けはここまで。

6時間やって、結局要らない資料の束が数個片付いただけでした。

そして、親族と父との対面。

泣き崩れる親族。

で、その後いろいろと話をしているうちに葬儀屋がドライアイスの交換にやってきたので、そのまま翌日の通夜の相談に。

この段階で、受付は親族じゃなくて会社の人や、その他喪主の知人がやると言うことを聞くΣ( ̄□ ̄;

全然、人のアサインをしてなかったので焦りましたが、最悪親族にお願いしてしまおうと思いながら父の会社の方や友人に頼ってみることにしました。
(自分関連は友人以外頼めそうな人居ないので_| ̄|○<身の回りの対人関係はドライなのですよ)

で、親族が供え物をしたいと葬儀屋と話している最中に父の会社の方が弔問にいらっしゃる。

その際に、先日お会い出来なかった、上司さんにも会えたので一つ気が楽になった感じです。

で、会社の方がお帰りになった後、親族といろいろと話しているうちに夜になったので、親族は一度ホテルに戻りました。
(お棺と整理中の資料で我が家には親族が寝るスペースがないので)

で、その後は夕食を取って、その後疲れがたまっていたのかぼーっとしてしまい、いつの間にか八時。

明日からは会館に泊まり込みになるので、こりゃまずいと風呂に入ったり、挨拶の原稿作成を行い今に至ります。

明日からはいよいよ本格的な葬儀となりますので、気を引き締めて何とかやっていきたいと思います。

それではオヤスミナサイ。

Posted by Takuchan at 2005年12月05日 22:52 | トラックバック(0)