2005年08月30日

Redeon 9800死にかけ

どうも手元のRADEON 9800poさんでCatalyst5.8を入れたら3Dにノイズが紛れ込むようになる&WMVがちゃんと再生できなくなっていることに気がついたんですが、Windows XP SP2だったので簡単にはドライバのダウンデートができず。

XPでの頼みの綱、システム復元も蹴られてしまったので、結局こちらを参考にして1時間半ほどかけて5.5に入れ直しました。

まぁ、端から期待していなかったWMVアクセラレーションは鬼門と言うことがわかったんですが、5.5に下げてもまだ3Dが全然ダメの模様(;´д`)ノ

熱でチップ逝ったかなぁ・・・<放射温度計ではかってみたらボード周りが60℃ぐらいありましたし

てか、これが一番の鬼門だったかも。
(春先に何度か起動しないことがあって見てみたら自重でコアからちょっと浮いてたなんて言う事件あって思い当たる節だらけ(爆))

で、とりあえず、もうハイエンドビデオカードに手を出すのはやめようと思いました(苦笑)
↑熱のコントロールは面倒だし、その値段と手間の割に性能への寄与小さいし<標準的なビデオカードを買って差額でCPUをいい物にした方が絶対効きます(笑)

それにしても手元で唯一、最近のゲームが動く環境だったので、この冬はやっぱりなんか組もうかなぁ<そこら辺も視野に入れて

ちなみに、2D用途ではまだ問題無いので、しばらく使い続けて見極めたいと思います( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 2005年08月30日 02:07 | トラックバック(0)