2005年03月30日

古きは温ねられるものなのか

思いこみとは如何に恐ろしいかと言うことの証明ですね。

っていうか、考古学っていつかの捏造のように現在常識になっているようなことにも大嘘が潜んでそうでイマイチ信用に置けない感じがします。

ちょっと毛色は違いますが、

も素人目にはどっちの説が正しいのかさっぱり判りませんし。

にしても

桜井市教委文化財課の橋本輝彦主任は「まさか昆虫のフンだったとは。これほど詳細なカブトムシのフンの研究は世界的にも例がないそうで、別の意味で貴重な学術データになってしまった」と複雑な表情を見せている。
には笑わせて頂きました(笑)

Posted by Takuchan at 2005年03月30日 15:01 | トラックバック(0)