2005年03月15日

UFJ騙りメール

USJには口座も持ってないうちにも来ました(笑)

とりあえずヘッダは

Received: from S01060004e2090e99.cg.shawcable.net (S01060004e2090e99.cg.shawcable.net [68.145.233.15])
by mail.xxx.xx.xx (Postfix)
with SMTP id 41E4C30A8B for <xxx@xxx.xx.xx>;
Tue, 15 Mar 2005 13:49:40 +0900 (JST)
Message-ID: <20050314915.22395.qmail@ufjbank.co.jp>
Date: Tue, 15 Mar 2005 05:02:12 +0000
From: "Verify" <admin@ufjbank.co.jp>
Subject: UFJ
To: <xxx@xxx.xx.xx>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS
X-UIDL: !-F"![O~#!3Qh!!M-M!!
Message-ID:なんかは偽造しているようですが、
Received: from S01060004e2090e99.cg.shawcable.net
っていう辺りが痛々しい(笑)

んで、送られてきたHTMLメールの中身は↓

<html> <head> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS"> <title>Untitled Document</title> <style type="text/css"> <!-- style2 {font-family: Osaka} --> </style> </head>

<body>
<table cellspacing="0" cellpadding="0" border="0" width="775">
<tr>
<td rowspan="3"><img src="http://www.ufjbank.co.jp/image/cmn/logo.gif" width="205" height="60" border="0" alt="UFJ銀行"></td>
<td><img src="http://www.ufjbank.co.jp/image/cmn/head_bar.gif" width="570" height="34" border="0" alt="こたえていくチカラ。"></td>
</tr>
<tr>
<td height="23"> </td>
</tr>
<tr>
<td rowspan="2"> </td>
</tr>
<tr>
<td> </td>
</tr>
</table>
<p align="right"> </p>
<p align="left" class="style2">UFJ銀行ご利用のお客様へ</p>
<p class="style2">UFJ銀行のご利用ありがとうございます。<br>
このお知らせは、UFJ銀行をご利用のお客様に発送しております。</p>
<p class="style2">この度、UFJ銀行のセキュリティーの向上に伴いまして、<br>
オンライン上でのご本人確認が必要となります。</p>
<p class="style2">この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。</p>
<p class="style2"><a href="http://200.81.64.137/ib/login/index.htm">https://www.ufjbank.co.jp/ib/login/index.html</a></p>
<p class="style2">また、今回のアップデートには多数のお客様からのアクセスが予想されサーバーに負荷がかかるため、下記のミラーサイトを用意しております。上記のリンクが一時期不可能になっている場合は、<br>
下記をご利用ください。</p>
<p class="style2"><a href="http://80.55.101.22/ib/login/index.htm">https://www.ufjbank.co.jp/ib/login/index2.html</a> </p>
<p class="style2"><a href="http://61.38.30.55/ib/login/index.htm">https://www.ufjbank.co.jp/ib/login/index3.html</a></p>
<p class="style2">お客様のご協力とご理解をお願いいたします。</p>
<p class="style2">UFJ銀行 </p>
<div align="right" class="style2">
<p> </p>
<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0" width="100%">
<tr>
<td width="453"><img src="../../image/spacer.gif" width="14" height="1" alt=""><img src="https://www.ufjbank.co.jp/image/footer_line.gif" width="453" height="25" alt=""></td>
<td width="211"><img src="https://www.ufjbank.co.jp/image/footer_copy2005.gif" width="194" height="11" alt="(C)Copyright 2005, UFJ Bank Limited"></td>
<td width="89"><img src="https://www.ufjbank.co.jp/image/footer_logo.gif" width="89" height="21" alt="UFJ銀行" border="0"></td>
</tr>
</table>
</div>
<p class="style2"> </p>
</body>
</html>

もろばれですね(笑)

まぁ、今後はこの手野フィッシング詐欺が良く発生すると思うんで、気を引き締めろ言うネタメールだと思います(笑)

ちなみにUSJからの注意勧告は↓

う〜ん、もっとわかりやすく書いても良いんじゃないかな?<具体例載せちゃってさ

Posted by Takuchan at 2005年03月15日 15:40 | トラックバック(0)