2005年01月25日

電話の発信者番号偽装

何でも有りのインターネット上ならともかく、ガッチリ管理されている電話網でそんな事出来るのかなぁと思って調べてみたら、案外出来そうな感じです。

有力な説としては

  • 発信者番号を自由に設定できる海外のコールバックサービスで携帯電話に電話をかける事で偽装できるそうです。
    NTTの固定網だと海外からの偽装された発信者番号通知はチェックで弾かれるそうですが、携帯網のチェックは甘いと言うことらしい。
ということで海外の怪しいコールバックが使われているんじゃないかというものですが、確かにこれなら可能性がありますね。

詳しい方法らしきものはセキュリティホールMEMOさんのところに書いてありましたが

  • 発信者番号表示の偽装なのですが、おそらく、次のような手段ではないかと。

    日本と米国に1台ずつPBXを置く。

    日本のPBXは、発信者番号通知によるユーザー認証用。通信そのものは米国のPBXへ転送。

    米国のPBXはISDN(T1)加入。発信者番号を偽装し、国際ISDNサービスで日本へ接続。

    国際ISDNサービスだと、SS7が相互接続されているので、発信側キャリアのチェックがなければできるはず。

    ※「欺術」によれば、米国ではISDNなら発信者番号を偽装できるらしい。

とのこと。

確かに調べてみると

  •  そんなことを試してみたヤツがいたらしく、やってみたら繋がったらしい。しかも、そのまま通話できたという。

     ただ、相手には自分の電話番号は通知されずに、まったく違う携帯電話の番号が表示されたという。

    おそらく、別のユーザーの番号だろう。

なんていう話もあるので実際出来るんでしょう。

っていうか偽装の件調べていたら

  • 「発信記録は架空のものが残り、相手の携帯にもこちらの番号や残らず、通話明細や電話会社にも通話記録は一切残らない。通話中の位置情報も電話会社に分からない。
    (ある業者)

    「このグッズは、いったん海外の小国の電話会社に転送して、そこから電話をかけるシステムのため、一切通話記録が残らないのです。ただ匿名でかけられるという利点を生かし、最近、オレオレ詐欺や、出会い系サイト恐喝詐欺、闇金融の追い込みなどの犯罪をする業者が買いあさっていると聞きます。」

(;´д`)ノ

なんか本当にイヤな時代になってきましたね(;´д`)ノ

これからはコミュニケーションの幅を広げるためじゃなくて認証やセキュリティ対策用として結局昔の未来予想図のようにテレビ電話が普及する予感。

【追記】 2005/03/30 15:12:31

が大変良くまとまってます。

Posted by Takuchan at 2005年01月25日 14:46 | トラックバック(1)