2005年01月24日

福岡大のNTPパンク

NTPと言えば福岡大というぐらい、日本でのNTPサーバとして知名度の高い福岡大ですが、知名度の高さが徒となってNTPのリクエストだけで毎秒900アクセス≒2Mbpsという大変なことになっているようです。

2chのスレの方では、中の人がいろいろと実状を吐露していますが、「リクエストを拒否した方が輻輳で帯域消費が多くなる」とか一朝一夕ではどうしようもならなそうなのが現状です。

とりあえず、地道に身近なところからということで、手元で福岡大のNTPサーバを参照していたLAN内親サーバの設定を変更してみましたが、たぶん帯域を圧迫しているのはWinddowsや箱物のNTPだと思うので、それらを自分で設定した心当たりのある人は早めに設定を見直すのが良いですね。

(親時計が正確と言うよりも、ネットワーク的に近いプロバイダのサーバにした方がNTPの場合有利ですし、最近は自分でGPSでの親時計を持っているところも多くなりましたので、福岡大をわざわざ選択する意味は今は少なくなりましたし)

なお、それらの情報は下記のサイトから調べられます。

Posted by Takuchan at 2005年01月24日 16:14 | トラックバック(0)