2004年12月11日

XP SP2でFTPが遅くなる

WindowsXP SP2を当てたらFTPでログイン出来るようになるまで時間掛かるようになった人向けのエントリ(笑)

原因はFTPサーバが送付してくるIDENTポート宛のパケットをWindowsXPのファイアウォール機能がドロップ(無視)してしまう為。

これについての詳しいことは

を参照して頂くことにして解決するためにはWindowsのファイアウォールでIDENTポートを開いてしまうのが最も簡単です。

やり方は以下の通り。

「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「セキュリティ センター」→「Windowsファイアウォール」→タブの「例外」→「ポートの追加」で

名前:IDENT allow
ポート番号:113
「TCP」にチェック
あとは「OK」ボタンを押して設定を確定させてください。

なお、これによってTCP 113番ポートが開いてしまうため、将来このポートに重大なバグがでた場合ハッキングされるおそれがあるので、ポートを開く場合は自己責任でお願い致します。

本当は許可するんじゃなくて明示的にリジェクト(拒否)ができれば最も良いんですが、Windowsのおまけ機能にそこまで期待するのは酷でしょうね(苦笑)

っていうか、世の中、アプライアンス型ファイアウォールなのにこれが出来ないのがあったりして管理者泣かせだったりします(笑)

Posted by Takuchan at 2004年12月11日 00:36 | トラックバック(0)