2004年12月04日

Sleipnir用リンク作成Script(2)

こちらで作成したPukiWiki用のリンクを作成するスクリプトですが、さすがに「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を有効にしているのに自分で耐えられなくなったのでもうちょっとまともな動作をするスクリプトを作成しました。
var pnir;
var document;
var id;

pnir     = new ActiveXObject("Sleipnir.API");
id       = pnir.GetDocumentID(pnir.ActiveIndex);
document = pnir.GetDocumentObject(id);
window   = pnir.GetWindowObject(id);

if (document == null)  {
	pnir.MessageBox("Document オブジェクトを作成できません");
}
else {
	// TODO: コードをここに記述してください。
	d=document;
	id = pnir.NewWindow("about:Pukiwiki_link_maker",true);
	document = pnir.GetDocumentObject(id);
	document.body.innerHTML = "<form><textarea cols='60' rows='8'>"
				  + '[[' + d.title.replace(']]',']]') + ':'+ d.URL + ']]'+ "\n"
				  + d.selection.createRange().text 
				  + "</textarea></form>";
	document = null;
}

pnir = null;
使い方は前のスクリプトと一緒なのでインストール方法などはそちらを参照してもらうこととして、実行するとクリップボードを操作せずSleipnirに新しいタブを表示して、そこにPukiWikiでのリンク用の文字列を表示します。

まぁ、使いたい方はお好きな方でどうぞ( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 2004年12月04日 17:04 | トラックバック(0)