2004年11月09日

3C905B-TXでWOL

さて、こっちのエントリでがんばってSMARTの警告を無視させたかったのはWOLで起動させたかったからだったりします。

で、今回の組み合わせは「Asus CUBX」+「Windows XP」+「APM」で、最初に用いたNICは新品のまま転がっているのが発掘された↓

WOL用のケーブルのコネクタもあることだしあっさり行くかと思ったら、いくらMagic Packet投げつけてもうんともすんとも動かず(苦笑)

調べてみるとどうもこのLANカードははずれらしくって、↓のサイトのWOl掲示板によるとわりとトラブルが多いようですし、

あぁ、なんかダメそうだ(苦笑)

おまけに

  • 少なくとも当方の環境では、PLANEX提供のドライバ(ver.2.13)は問題ありで、Upload速度が異様に遅いという結果になりました。遅いにもかかわらず、それなりのCPU負荷がかかっているのは問題です。
なんかもうこの板はいいや。次っ、次(笑)

と言うことで、別のマシンで使っていた表題の3com 3C905B-TXと入れ替えて再チャレンジ

このカード前に一度WOLしようとして断念してるんですが、PCIから外した状態でWOL線だけつなぐとそれだけでPC起動したりしますし、何よりも鉄板と呼ばれるカード実績もあるみたいなんでさっきのダメカードよりは期待大(笑)
(でもこっちを見るとコールドスタートは不可とか書いてますが(^^;)

まず、普通に組み立ててMagic Packet投げる→無論無反応
次は、WinXPで起動して終了後Magic Packet→無反応
こちらにあるメーカー製ユーティリティを片っ端からインストール後、こちらのVer5.4ドライバをインストール
その後、WinXP終了後Magic Packet→なんか成功(爆)

何が効いたのかわかりませんが、まぁ、結果良ければ全てよりと言うことで(笑)

これで↓で言う

の状態からの復帰が可能になりました。
(と言っても、一度OSを起動してNICを初期化してあげないとダメなんですが)

でも完全に電源がきれた状態からMagic Packetでの復帰はやっぱり便利ですね。
(パチモンなWake Up Frame(起動フレーム)はNICによって対応違いますし、Pingが飛んできただけで起動したりとどうにも地雷ですからね(苦笑)

以下参考

  • AMD方式(MagicPacket)
    起こす相手のMACアドレスを指定した特殊なパケットを送らなければならない
    S4/S5ステートからでも起こせる

    MS方式(WakeUpFrame)
    起こす相手のIPアドレスを指定した普通のIPパケットを送ればよい
    S4/S5ステートからは起こせない

Posted by Takuchan at 2004年11月09日 17:26 | トラックバック(0)