2004年10月27日

中越地震関連

午前中にまたもや新潟中越地方を襲った震度6弱の余震。
気象庁予測でも10%だったものが来てしまい、地震学ももっと研究の余地があることが明白になりました。
ひとまず被災者の皆様には重ねてお見舞い申し上げます。

ここまで判っても余震の予測には役に立たないというのが歯がゆい限り。これが本当だとすると報道関係者は人間として最悪ですね。
というか、報道関係者は自分が使う分は全部県外から持ち込むのが最低限のマナーだと思いますし、物資を多めに持ち込んで困ってる人には分け与えるぐらいでやるべきなのに、現場が混乱していることに乗じて好き放題とは目に余ることこの上ないです。

というか、地震の翌々日ぐらいのニュースから、余震が来たら危険な崖崩れの現場に立ち入ったり、被災者を背景に我が物顔で中継したりと傍若無人なレポーターの中継が増えていて気になっていましたが、カメラが回っていないところでは自重するどころかさらに酷いとは・・・

現在はネットを利用して市民が企業と立ち向かうことが出来る時代なのでそういう情報はどんどん流して悪人に社会的制裁を加えましょう( ̄▽ ̄)ノ

追記
暗いニュースが相次いでいる中で久々に明るい話題。

朝ニュースの映像で埋まっている車の映像を見て最悪の結果を予想していたんですが、無事救出されたという速報が流れてました。
あれだけの土砂崩れの中、奇跡的な生還、お喜び申し上げます。

さらに追記
3人とも生存は誤報だったようで・・・

Posted by Takuchan at 2004年10月27日 15:51 | トラックバック(0)