2004年10月03日

新古品ってなんだろう

前々から中古屋などでたまに見かける新古品という表示が何を指しているのかいまいちあやふやだったのでGoogleを使って調べてみました。

その結果主に下のような意味合いで使われているようです。

状態使用・未使用メーカー保証店保証この意味で使うことが多い店
(1) 未開封買い取り品未使用中古屋
(2) 長期在庫未使用 
(3) 展示品大抵使用済み 
(4) メーカー再生品使用済みならクリーニングされていることが多いPC・家電

まず(1)は買ったけど結局使われる事無く中古屋などに売られたモノを指します。
保証書が全然別の店の名前になっていたら大抵これ。
まぁ、ユーザーの手には一度渡ってますが、よほどのことが無い限り新品だと思っていても良いんじゃないんでしょうか?
ただ、保証に関しては良く確認しておかないとはずれを引いて痛い目を見る可能性があります。

(2)は読んで時の通りな感じで、古いだけの新品を新古と呼んでいるパターンです。
ただ、時間が経つと問題が出るモノは世の中に意外と多いので、新古と表記する以上、状態には余り期待しない方がいいと思います。
また、保証もあんまり期待しない方が良いでしょう。

(3)は個人的にはキライなんですが、展示品を新古として売っているケースです。
展示品なんて不特定多数が使っている場合が多いんで実際中古と大差無いと思っていますが、ただ店保証とメーカー保証が大抵つくため、中古よりは後々安心です。

(4)は一件しか見あたらなかったのですが、メーカー再生品(初期不良交換などでメーカーの工場送りになった故障品の修理上がり)を新古扱い売っている店もあるようです。
まぁ、メーカー再生品ならメーカー保証が付いているでしょうから、壊れてもごねれば新品が手に入るかもしれませんが、大抵この手の再生品はまたすぐ壊れるんでおすすめはできないですね。

というように中には訳あり品に分類されるようなモノも新古になっている場合があるようですが、もっぱら(1)の用途で使われているようです。
まぁ、心配なら店員に聴けばいいだけの話ですので、参考程度に。

Posted by Takuchan at 2004年10月03日 00:08 | トラックバック(0)