2004年09月23日

Promise RAIDにLinuxのinstall(2)

こちらの続き

無事インストールが終わったら次はカーネルのアップデートです。
でもapt-get

apt-get install kernel#2.4.20-31.9
としてアップデートを試みるとPromiseRAID用の「ft3xx.o」が無いからと怒られます。

なので、新しいカーネル用のドライバを作成することに。
まず、ドライバのソースですが、これは色々探し回ったあげく結局

を使いました。
(FastTrak TX4000用と書いてありますが、ドライバのREDMEには378の事も書いてあるのでおそらく共通ドライバだと思います。)

次に新しいカーネルのソースをダウンロードします。

apt-get install kernel-source#2.4.20-31.9 kernel-doc

次に、ドライバのmakeですが、このドライバのコンパイルにはカーネルソースが「/usr/src/linux」以下に無ければいけないんですが、RedHat9ではデフォルトでリンクされてないため自分でリンクス無ければなりません。

cd /usr/src
ln -s linux-2.4.20-31.9 linux
これが終わったらダウンロードしたドライバを展開したディレクトリに移動して、makeをします
make clean all
READMEに寄ると次は
insmod ft3xx.o
と言うことですが、これは既に登録済みなので別にやらなくてもかまいません。
(やっても問題ないですが)

で、次にドライバをインストールします

cp ft3xx.o /lib/modules/2.4.20-31.9/kernel/drivers/scsi/
これでカーネルを入れ替える準備が完了しました。
(他に追加ドライバが必要な機器を使ってなければですが)

で、次はkernelの入れ替えです。
うちの場合はapt-getで入れようとして中途半場な状態で止まってしまったので、rpmで再インストールすることとしました。
kernelのRPMを落としなおすのも面倒だったので、apt-getのキャッシュを使用

cd /var/cache/apt/archives/
rpm -Uvh --replacepkgs kernel#2.4.20-31.9_2.4.20-31.9_i686.rpm
これでgrubのメニューも含めて更新されますので、後は再起動でkernelの更新が完了です。

あと、PromiseのRAIDの状態は

cat /proc/scsi/ft3xx/0
で確認できます。

【参考URL】

Posted by Takuchan at 2004年09月23日 00:11 | トラックバック(0)