2004年07月08日

ドメイン参加XPの共有を

ドメインに参加しているWindows XP proにあるデータを非参加のマシンからパスワードなしで参照させるための設定メモ。
なお、ドメインのセキュリティポリシーによっては下記の操作を行ってもうまくいかない場合があります。

GUESTユーザの有効化
「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「ユーザーアカウント」→「詳細設定」タブ→「詳細設定」ボタン→ツリーの「ユーザー」→「Guest」をダブルクリックする→「アカウントを無効にする」のチェックボックスを外す

セキュリティ設定の変更
「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリシー」→ツリーの「ローカルポリシー」の中の「ユーザー権限の割り当て」で以下の項目を変更する。

  • 「ネットワーク経由でのコンピューターへのアクセス」→Guestアカウントを追加
  • 「ローカルでログオンを拒否する」→Guestアカウントを追加

対象ファイルに権限の追加
マイコンピュータを開いてメニューの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」のタブ→「簡易ファイル共有を使用する(推奨)」のチェックボックスを外す
その後、ドメイン外のユーザに参照させたいファイルやフォルダを右クリックして「プロパティ」→「セキュリティ」タブ→「追加」ボタンでGUESTユーザを追加して適切な権限を付与する。

これで参照出来るようになるはずです。

なお、参照させるファイルを増やす場合はそれぞれにGUESTユーザからのアクセスを許可してください。

【参考リンク】

Posted by Takuchan at 2004年07月08日 17:51 | トラックバック(0)