2004年06月19日

RZ-J700と比較したAH-K3001V

前機種のRZ-J700から比べるとほぼ全てにおいて性能が向上して使いやすくなっているAH-K3001Vですが、さすがに全てにおいて満足できるわけではなく不満点についてつらつらと書いてみます。

1ヶ月ちょっと使ってみてどうしてもいただけないのはやっぱり電波の弱さ。
移動中の雑音祭りはファームアップでだいぶ解消されましたが、やっぱり弱電界での通話品質の悪さは相変わらず。

と言うか、機種変後駅の構内で電話がまともに繋がらなくなったのはかなりの痛手。
RZ-J700でもノイズ入った所だったんですが、AH-K3001Vでは新ファームでも通話にならず。
でも、相手にはクリアにきこえるらしいので、電波の使い方が何か違うんですかねぇ?

あと、イヤフォン刺してもMIDIがスピーカーからしかでないのも地味に痛い点。
前は暇なときにイヤフォンで着メロ聴いたりとかしていたんですが、今回はリピートも効くしせっかくネットから無制限にMIDI取ってこれるのにそれができないのは残念。
まぁ、カメラの音を消させないために、スピーカーの線をイヤフォンに電気的につなげないのはわかるんですが、それにしても何とかして欲しかったなぁ。

あとは、漢字変換。
もちろんRZ-J700よりは数千倍頭いいんですが、予測変換はとりあえずついていると言うレベル。
予測のヒット率がとにかく低いんで入力効率は相当悪いです。
POboxみたいに何も変換後はそれに続く可能性の高い単語を何も入力しなくても出してくれればメール最強になれたのになぁ<いまいち変換が使いにくいから長文はどうもというレベルだし、入力にも時間が掛かる。

まぁ、ファームアップで致命的バグもつぶれましたし今上げたこと以外は満足なんでよしとしておきます。

Posted by Takuchan at 2004年06月19日 23:55 | トラックバック(0)