2004年05月31日

旧五千円札(2)

こっちの続き

折角手元にあるのだからと、ATMで本当に使えないのか試してみました。

実験に際してATMからの旧札1枚だけを札の受け取り口に入れ預金預け入れを行ってみました。

郵貯のATM(最近設置されたもの)30秒ほどうぉんうぉん動いたあげく返却
某地方銀行の知っている限り一番古そうなタイプ5秒ほどであきらめて返却
とやっぱりダメなようです。

お金専門の機械であるATMでも処理出来ないということはおそらく機械系は全滅でしょう。

次に身近な人に見せてみましたが、比較的状態の良いお札だっただけに新しく発行されたお札かと思う人がいるぐらい知名度は落ちていました(笑)
その一例を

  • あー、懐かしい・・・感じがする
  • これって今度出る新札ですか?(新札の五千円は聖徳太子じゃなくて樋口一葉です)
  • 裏ってそんなにシンプルでしたっけ?
  • 聖徳太子って一万円札じゃ無かったっけ?(1万円も聖徳太子でした。一万円は太子が右寄りで5000円は真ん中)
それもそのはず、旧札が消えてからそろそろ20年も立つし、そもそも遭遇率自体多くない5000円札ともなれば記憶に残ってないのも不思議でなりません。

じゃ、小売店はどうかと思ったんですが、ネットで調べてみたらコンビニで使おうとして偽札と勘違いされて通報されたような話や銀行での交換を進めるような事しか書いてなかったので怖くなって断念(苦笑)

なんて言うかババ抜きでババ惹いた気分になってきました(笑)

で、しょうがないので、銀行に寄って交換してもらう事に。
行った銀行はいつも目の前通るけど口座持ってないので寄ること無かった某大手のちょっと寂れた支店。

手順は、いつもの両替と同じように用紙に記入して窓口へ。
で、旧紙幣を交換して欲しい旨を告げて見せたら少々驚かれつつもちゃんと受け取ってもらえました。
直ぐにバックに回して鑑定に入った模様で、偽札だったらどうしようとちょっと不安に襲われながら待つこと5分。
さっきとは別の40は過ぎてると思われる行員さんから新渡戸さんの5000円札を受け取りました( ̄▽ ̄)ノ

教訓:価値はあるけどそのままじゃ使えないお金なので、旧紙幣は出されても受け取らない方が良いですよ(;´д`)ノ
(話のネタとしては最高ですが(笑))

Posted by Takuchan at 2004年05月31日 22:26 | トラックバック(0)