2004年06月03日

LW-6350H-2

手元のマシンが1台突然死しました。

前々から電源に不安があったマシンだったので電源が原因かと思って、時間も無かったのでろくに下調べせず↓を買ってきました。
(選んだ理由は12cmファンの電源買ったこと無かったからだったり(^^;)

で、早速テスト。

動かない_| ̄|○

どうにもコイツもマザーが原因っぽいなぁ・・・

でも、動作テストの時に電源が思いのほか静かだったのでちょっと迷いながらメイン機で使っていたデルタの名器「DPS-300KB-1A」と交換してみる。

・・・このマシンこんなに静かになるんだ(笑)

今までプチドライヤーかと思うぐらいうるさかったんですが、今では中のP4のファンの方がよっぽどうるさくなりました。

で、電源としての特性を調べてみたら

  • ■静王2   LW-6300H-2、LW-6350H-2、LW-6400H-2、HK350-13BP-2、HK400-13BP-2
      ・12cmファン電源の祖であるサイレントキングこと静王の新シリーズ。
      PFC非搭載のLW-***-2(静王2)、PFC搭載のHK-***-2(新静王2)がある。
      これまでの静王との違いは、 12V強化、ケーブル長の延長、主電源スイッチの搭載。
      ・従来同様、静音性よりは冷却性(風量)に軸足を置きコストパフォーマンスで勝負。
       ファン速度は温度で可変する。
      ・コンデンサ容量は「最悪」。350Wで200V 470μF(HECまたはニチコン)、400Wでも680μF(松下)。
あ〜、デルタの電源は予備としてしばらく仕舞っておかないとダメかな(苦笑)

でも電圧もまともっぽいし、↑以外は良さそうなのでしばらくこのままで行ってみようと思います( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 2004年06月03日 18:34 | トラックバック(0)