2004年04月24日

沖ノ鳥岩?

  • 「沖ノ鳥島は岩」中国が認識、排他水域適用外狙う

     中国は沖ノ鳥島については、日本の領土であることを認めているが、国連海洋法条約が規定する「島」ではなく、排他的経済水域(EEZ)を設定できない「岩」との認識を示した。

(ノ∀`)アチャー ばれちゃった(笑)

これまで沖ノ鳥島が「島」である根拠として日本は

の第百二十一条の1を上げていたのですが、良くその条文を読んでみると
  第八部  島の制度
     第百二十一条  島の制度
1 島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう。
2 3に定める場合を除くほか、島の領海、接続水域、排他的経済水域及び大陸棚は、他の領土に適用されるこの条約の規定に従って決定される。
3 人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。
あんなところ住めそうにありませんが_| ̄|○

ということで極めて危うい状況なのです。

でも、沖ノ鳥島は南鳥島についで日本の排他的経済水域を広げている功労者なので日本としては何が何でも守りたいところです。
(沖ノ鳥島がもたらす排他的経済水域の広さについては下記ページの図を参照のこと)

というか、波の浸食により何時崩れるか判らない島に護岸工事を行い、さらに数億円するチタン製の蓋で封印までして死守しなくちゃならないほど重要な問題なので、何とかお茶を濁してうまいこと逃げ切って欲しいものです(笑)

【参考リンク】

というか、竹島やら尖閣諸島やら最近日本の領海領土狙われまくりですね。
イラクに派兵する無駄な兵力があったらそういうところに常駐させて死守して欲しいところ。
(特に竹島は今のペースなら韓国に盗られても不思議じゃないですし・・・)

Posted by Takuchan at 2004年04月24日 00:04 | トラックバック(0)