2004年04月16日

人質解放

本日の新聞の一面記事です。 今回の事件では人道活動を行っていた民間人に手を出すという完全なテロ行為の為、イラクの惨状を知っていても許される事件では無いと思いますが、ひとまず人質全員無事解放されたようなので非常に良い結果だったと思います。

ただ、これに付随する出来事として、「イラクに行くこと自体が自殺行為だ」などと被害者家族に対する嫌がらせ事件なども発生したようですが、こっちの事件についてはいろいろ考えさせられます。

個人的には自分の意志で死を覚悟して行くなら、イラク行きは全然問題ないと思いますし、その結果拘束された場合、国が助けるよう努力するのも国家として当然の事だと思います。

当たり前の事があっただけなのに、これだけ3人とその周辺に対する風当たりが強いのは、被害者家族の当初の会見が問題だったのではないのでしょうか?

少なくても捕まった3人は何があってもしょうがないと納得してイラクに行っている(はずな)のに、それを報道を見る限り「自分たちは100%の被害者だから国は何とかしろ」というスタンスだったことが家族会への、ひいては拘束された3人までへの反感になったのではないかと思います。
(どうも今回のケースでは拉致被害者家族会に影響されていた気もしますが、あちらの家族会も好印象ではない分、そのしわ寄せもかぶっている気がします)

現在では家族会のスタンスもかなり変わって来たようですが、第一印象というヤツは根強いため今後もイラクへ行ったことに対して否定的な意見が相次ぐかと思いますが、個人的には人道支援目的で自己責任で行っている分には誉められることはあっても、貶して良いものではないと思います。

というか、頭ごなしに否定する人は下のような現状があることを知ってますか?

  • 私たちは、何の医療処置もなく、電気もないところで子供を産もうとしている女性のところに行こうとしていたのだ。封鎖された街の中で、はっきり救急車であることを表示しながら。海兵隊は、それに向かって発砲しているのだ。一体、何のために?
侵略戦争を行ったアメリカは間違いなく悪であり、それに荷担している日本もまた限りなく悪に近いのが現状なのです。
その様を報じるジャーナリスト、それに現地で人を助けるボランティアはいわば国の良心でありそれを否定することは、どうにも間違っているように感じられてなりません。

というか、軽い気持ちで行った等と報じられてますが、いっそ退避勧告の出ている国に行く場合は「何かあっても国家は一切保証しない」という書面に念書させるべきではないでしょうか?

そんな書面に書いてまで行くのなら止める理由無いでしょうし、書かないで勝手に入国して事件にあったらそれこそ非難の的にすればよいですし、切り分けがやりやすくなると思います。

ただ、渡航禁止など現地の生の声を伝える人間を一切排除するような方向は、報道管制への第一歩なので絶対にして欲しくないです。

【参考URL】


Posted by Takuchan at 2004年04月16日 16:44 | トラックバック(0)