2004年03月19日

samurize

内輪で使っているWikiサイトの更新状況が知りたくてじゃまにならないRSSのリーダーが無いかなぁと前々から探していたのですが、samurizeというソフトウェアで出来そうだったので導入してみました。

インストールと日本語化については下記のサイト様を参照してください。

で、インストールも日本語化も無事終了したものの、起動がうまくできない。

最初SamurizeServer.exeを実行すればいいのだろうと思いこんでいろいろやってもさっぱり何も画面に変化が無くて20分ほどはまりました。
実際はClient.exeを起動すれば一発で起動します(爆)
(どうしてもServer立ち上げてからCliantというイメージがあって(^^;)

で、無事起動するとタスクトレイにsamurizeが出来て画面に何らかの変化が出来るはずです。
(わかりにくい場合は事前にウィンドウを全て閉じておいてください)

最初から3種類はサブセットがありますので、とりあえずタスクトレイのアイコンを右クリックして、設定ファイルの選択で適当なものを選択してから設定の再読込を行ってください。
これで、別のデザインになります。

次に画面表示の編集ですが、これは同メニューの設定ファイルの編集を選ぶことで簡単に変更出来ます。
(最初はsimple.iniを読み込んで、そのメーターの配置を移動することから始めるとわかりやすいかと思います)

そんなこんなでいろいろやって、何とか一通り使いこなせるようになりました。

で、使ってみたところですが予想外に良い感じです。

まず、CPU負荷が非常に軽いこと。
元々ゴテゴテした表示は不用なので、最小限必要なモノだけを表示させてますが、現状ではCPUに1%の負荷も与えることなく動作してます。

次にもっとも気に入った点でもありますが、画面にシールでも貼ったかのように表示出来ること。
簡単に言えば常に最前面+クリックイベント無視なんですが、半透明表示などとあわせると情報表示には最高の効果を発揮します。

おかげで、現在はWikiのRSSで最新の更新のヘッドラインの表示も実現出来ましたし、画面上に全くじゃまにならないシステムモニターも常設出来て大変満足しています。
(スクリーンショットとろうかと思ったんですが、クリック無視状態だとスクリーンショットでも撮影出来ないようでダメでした(^^;)

時間があったら、もうちょっといじって画面の利用効率を上げてみたいと思います( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 2004年03月19日 13:29 | トラックバック(1)