2004年03月18日

表現の自由とは

  • 「侵害だ」「当たらぬ」 ファックス応酬、地裁にゲラ
例の週刊文春問題です。

現物を見てないので記事の内容に関する批評は出来ませんが、それを除いても「政治家の近親者の記事がもみ消された」「名義上とはいえ発売前に発禁になった」というのは大きな問題だと思います。

たとえば、これが芸能人の近親者に関する個人情報を含む記事なら今回の処置も賛同出来なくはないですが、国政を任せている政治家の近親者となるとそうは行きません。
なぜならば、為政者は情報を公開することでしか国民の信任を得られないのに、たとえ近親者とはいえその情報をもみ消す様な動きは危険な行動と取れます。
まぁ、近親者は好きで政治家の近親者になった訳では無いのでしょうから、その人の情報が公開される義務はありませんが、それでも雑誌の販売前に差し止めるのは行き過ぎの感がぬぐえません。

それはなぜかと言えば、今回はたまたまタイミング的に事実上発売後となりましたが、これが印刷前だったりすれば事実上の言論統制となります。
まさに表現の自由の危機です。

ただ、自由とは責任の裏返しですので、発表後にならどう訴訟してもらっても良いでし、住所録など表現とは呼べない情報でしたらむしろもみ消してもらわないと困りますが、雑誌に載っている記事は表現されたモノに間違いないため、これを発禁にするのはまっとうな社会がやることではありません。

個人情報に敏感になるのも結構ですが、それを傘にすれば全て隠せるような世の中にだけはなって欲しくないものです。

参考URL

Posted by Takuchan at 2004年03月18日 14:18 | トラックバック(0)