2004年03月20日

DiMAGE Xt

通販で安売りしているのを見かけてついうっかりDiMAGE Xt購入してしまいました。

まえから小さいズーム機が欲しかったので渡りに船でしたが、あんまり性能も調べずに衝動買いしてしまったので予想以上に良かった面とダメな面があってあれで何。

とりあえず大きさは↓のような感じです。
2004031500.jpg
(ポケットティッシュとの比較)

それから2週間ほど使ってのメリットとデメリットを
【メリット】
◎ とにかく小さくて軽い
◎ Windowsからストレージデバイスとして認識される(ドライバが不用)
◎ 充電台(クレードル)がある
◎ 全域マクロであること(対象との最接近距離は15cmだが、3倍ズームでもマクロが掛かるので実際数cm相当でマクロ撮影が可能<手ブレしやすいけどカメラの影も映らないのでこっちの方がありがたい)
◎ 遠近がはっきりでる(近いモノを撮ると背景がきれいにぼやける)
○ レンズが飛び出ない(レンズに気をつけなくても良い)
○ SDカードであること
○ 動画も撮れる
○ ボイスレコーダーになる
○ テレビに出力出来る

【デメリット】
× AFを切れない(遠景だろうがなんだろうが常にフォーカスされるため、パシャ取りには向かない)
× 小さいので手ぶれしやすい
× クレードルにUSB機能がない(別に線を指す必要がある)
× 充電の時の高周波がうるさい
△ 夜や室内に弱い(でも手動設定でISO400にすれば多少ノイズのるものもだいぶましになります)
△ 電池残量がわかりにくい
△ SDが取り出しにくい<コツが居る
△ USBコネクタのカバーが開けにくい<小さい
△ 機能選択ダイヤルが回しにくい<重い<けど軽くて鞄の中で勝手に回るようなことがないのはいい
△ USBケーブルが刺しにくい<根本までしっかり刺さないとダメと言うことに気が付くまで15分ぐらいかかった(苦笑)

こんな感じです。

あと、マクロはかなり強くオオイヌノフグリ(名前がなぁ(;´д`)ノ)を撮影したらきれいに立体感が出てびっくりしました(≧▽≦)ノ
2004031600.jpg
(元ファイルは大きすぎるため切り出し&リサンプリングしてますm(_ _)m)

いろいろと不満点もありますが、小さくて軽いことが最大のアドバンテージになっているので、たいして気になりません。

ただ、やっぱり全般的にオートフォーカスが甘いので、そこだけ工夫してあげればオールラウンドで使えるカメラだと思います( ̄▽ ̄)ノ

Posted by Takuchan at 2004年03月20日 11:12 | トラックバック(0)