2004年01月19日

DELLの中身

先日DELL製のPCから異音がするというので行ってみたところどうも電源ファンがへたれたらしく定期的に回転軸がぶれてそれで音が鳴っているようでした。

幸い手元に余ってる電源ユニット(背面のデザインも同一でコネクタも同じっぽい)があったのでさっくり換装してみて、電源入れてみたところ
「起動しない・・・(;´д`)ノ」

調べてみると、ATXのパワーアシスト用の6PINコネクタが横に一つずれて入っていたので、それを直そうと思って何度かトライ

しかし何をやっても入らないヽ(´〜`;

おかしいなぁと思い古い電源と新しい電源の6PINコネクタを見比べてみると

微妙に形状違うやん_| ̄|○

新しい電源ははじっこにガイド用の突起があるのに、古い電源ではその突起が一つ横にずれている。

で、この差はなんだろうと調べてみたところ

_| ̄|○

自宅用なら半田でがんばったり、ファンだけを換装してもいいですが、基本的に24時間運転+監視が居るわけでもない環境なのでそんなところいじって出火しては洒落にならないためその線はなし。

かといってDELL用の電源を買えば2万ぐらいするみたいですし、修理するにしても保証期間などとうに切れている+会計処理上面倒なので却下。
と途方に暮れています。

にしても、まさかこんなところに落とし穴が潜んでいるとは<DELLマシン
おかげさまで貧乏なうちではもう買わない方針となりました(笑)

Posted by Takuchan at 2004年01月19日 10:09 | トラックバック(0)